三重県津市の補助金をめぐり自治会長が逮捕された事件で、市議会の百条委員会で8日、自治会長と関係があったとされる副市長らの証人喚問が行われました。

この事件は、掲示板の設置工事をめぐって津市に虚偽の申請を行い補助金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで津市相生町の自治会長、田邊哲司容疑者ら2人が逮捕されたものです。

津市議会では、田邊容疑者が市職員らに不当な要求を行っていた疑いなどを調査する百条委員会を設置しました。

田邊容疑者との関係性などを問うため、盆野明弘副市長と南勇二文化振興担当理事の証人喚問が行われました。 

南文化振興担当理事は、田邊容疑者とのトラブル時に、「謝罪は土下座をすることという共通認識が職員間であった」とし、「叱責を恐れて立ち向かえなかったことに責任を感じる」と話しました。

また、田邊容疑者の知人女性が経営するスナックでは、田邊容疑者の強要のもと多数の市職員を動員する飲み会が開かれ、総務部長時代に出入りしていた盆野副市長は「行かないという選択肢がなかった。行かないと部下に危害が加わると思った。今となっては反省している」と話しました。

このほか委員からは、「市長には報告していたのか」という質問があり、盆野副市長は「自治会グループが議会中に野次を飛ばしていた原因を報告したことはある」と答えていました。

次回の百条委員会は、15日に開かれる予定です。