福原愛 台湾では同情論の訳…人気便乗の夫家族が批判の対象に

写真拡大

国民的人気アスリート・福原愛(32)の不倫報道は日本だけでなく台湾でも大々的に報じられた。台湾在住のジャーナリストはこう語る。

「報道翌日の新聞の一面は、コロナワクチンと並んで福原さんの記事が載っていました。基本的に夫妻の話題は、台湾ではトップニュースですから。今回は日本の報道をそのまま報道する感じでした。

ただ、彼女をバッシングするような感じではなく、逆に夫側の非を問う声が少なくない印象でした。江選手の姉はかつて福原さん人気に“便乗”して芸能界デビューをしていますから、夫の家のほうが問題だったのでは、と指摘する報道もありました」

’19年9月、江の姉は39歳にして芸能界デビュー。「愛ちゃんは家でパジャマを着ていてもオーラがある」と家族写真をSNSに大量にアップするなど、江一族の姿勢が疑問視されていたのだという。

今回の不倫報道と同時に、夫・江宏傑(32)のモラハラ疑惑も報じられている。日台の文化的な問題も夫婦問題に影響を与えたのでは、と語るのは台湾ガイド・通訳手配センター社長の山崎肇さんだ。

「台湾の男性は結婚しても奥さんより自分のお母さんにべったりです。夫の家族が夫婦生活の中に、断りもせずに入り込んできます。夫婦の住まいに突然来て、冷蔵庫を開けたり、夫婦の寝室で勝手に昼寝までしたり……。それが台湾社会の日常風景でもあるのです。国際結婚の場合は“自分のプライベートがまったくない”と感じる女性も少なくないでしょう」

台湾の離婚率は5.62%(’17年)だが、山崎さんが昨年5月に入手した「居留問題を考える会」主催の講演会データによれば、日本人女性と台湾人男性カップル286組の離婚率は18.2%だったという。

「報道によれば、江さんの母親は、彼女の目の前で“あなたは金を産む鶏”だと口にして福原さんがショックを受けたとか。ただ、台湾では学歴や地位より“財布の厚さが大事”だという価値観があります。“金を産む鶏”発言もおとしめる意味はまったくなく、わが家の自慢だという意味で言ったのでしょう」(前出・山崎さん)

カルチャーギャップも夫婦の溝を深める一因だったのだろうか。

「女性自身」2021年3月23日・30日合併号 掲載