パンサー・尾形貴弘

写真拡大

 3月7日に放送されたテレビ朝日系のバラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!! 特別授業』で、パンサー・尾形貴弘が明かした妻への束縛ぶりがネットで大きな話題になっている。

 尾形と藤本美貴がゲストとして登場。「家庭内モラハラ・DV」を尾形の実体験をもとに学ぶという内容だった。

 尾形は2017年に現在の妻である一般女性「あいちゃん」と結婚。以来、その夫婦生活は『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)など多くのバラエティ番組でも取り上げられている。ただ「妻に対する束縛が激しすぎる」とDV・モラハラ疑惑が持たれネットニュースになっていた。今回はそれらの疑惑を尾形自らが説明した。

 だが、放送開始直後から尾形の束縛ぶりが明らかになり、ネットでは「ひどすぎる」「奥さんがかわいそう」といった視聴者からの厳しい声が相次いでいる。

 ​>>パンサー尾形の妻、ブログ開設も苦言殺到 相次ぐ芸人妻のブログ開設…何が理由?<<​​​

 尾形の妻は音楽バンド「back number」の大ファンなのだが、以前自分の単独ライブとback numberのライブの日程が重なり、back numberを優先したことに激怒。「俺とback numberどっちが大事なんだ!」と詰め寄ったという。さらに尾形は「妻がback numberのメンバーに口説かれるのではないか」「back numberのメンバーは性欲が強そう」といった被害妄想に陥り、家でback numberの曲を聴くことを禁じたそう。

 尾形の束縛はそれだけではなかった。「浮気されるかも」という不安から、恋愛ドラマや韓流ドラマの視聴、宅配便の人と話すことをNGとした。さらに人前に出る際にメイクを禁止し、肌が露出するVネック・ショートパンツを禁じているという。これにスタジオにいたオードリー・若林正恭らはドン引きした。

 さらに尾形は妻に禁止事項を守らせる一方で、自身はグラビアアイドルの写真を見てニヤつき、個室ビデオ店に行くことを公言。また、「妻から訴えられたらどうするのか?」という問いには「でも俺が家の家賃払ってるから」と開き直りに近い暴言を吐いていた。

 ネットでは「これは完全にモラハラ」「自分がOKで妻はダメって甘すぎる」「これを笑い話にしてしまってはダメだと思う」「もうテレビで尾形を見たくない」といった声が相次いだ。

 番組では問題をひとつひとつ分析していき、最終的には尾形も「(妻に対して)信じる心や愛が足りなかったのかもしれない」と納得。束縛するクセを直したいという気持ちは視聴者には伝わったようだ。ネットでは「応援したい」という声もチラホラあった。 ただ、家庭内DVやモラハラはやはり深刻な社会問題のひとつ。尾形に対して「モラハラ男」とのイメージを抱いた視聴者がいるのは事実。これを払しょくさせるには本人の努力が必要そうである……。