画像はイメージです

写真拡大

 「金石の交わり」「竹馬の友」など、旧友や幼馴染を表す言葉は数多くある。昔からの友情は厚く、揺るがないというのが通説だが、それは同性に限ってのことだけなのかも知れない。現に、田中志穂さん(仮名・28歳)は、夫の幼馴染であるK郎と不倫関係に陥ることになる。本来なら夫を裏切る行為であるが、彼女の場合は状況がやや複雑だ。なぜなら夫もK郎の妻であるY美と不倫関係にあったからだ。

 「夫と、K郎。K郎の妻であるY美は3人とも幼稚園からの付き合いでした。3人とも私立の一貫校に通っていたのでずっと一緒でした。Y美は私と違って可愛くて甘え上手な小悪魔タイプ。夫とK郎でずっと初恋のY美を取り合っていましたが、結局K郎と結婚しました。その後、夫も私と結婚して、私も含めて時々4人でも会っていました。ところがある日、K郎から“Y美と夫が浮気してるらしい”と連絡があったんです。Y美はガードが固いようでしたが、夫のスマホを確認すると真っ黒…。私は夫を愛していたのでとても悲しかったですが、それ以上にY美への憎しみが募りました。その時、思ったんです。私もY美と同じことをしてやるって…」

 ​>><実録!不倫カップルの顛末>コロナ禍がきっかけに始まった隣家との秘密の関係<<​​​

 愛した夫を幼馴染の女性に奪われた志穂さん。その憎しみは夫ではなく浮気相手であるY美さんへと向かっていった。それは夫の浮気でボロボロになった自尊心を回復させようとした行為だったのかも知れない。

 「K郎は私が驚くほど簡単に誘いに乗ってきました。彼も夫への復讐心があったのかも知れないですね。その後、4人で会った時にわざと夫とY美の前でK郎にボディタッチしたり、親し気な態度を取りました。夫にやきもちを焼いて欲しい…と思ったんです。でも、逆に夫とY美が私たちの前でいちゃつくような態度を取ったんです。それをきっかけに私たちのいびつな関係はだんだんとエスカレートしていきました…」 二組の夫婦は伴侶同士のW不倫という関係になった。まさに「事実は小説より奇なり」といったところだろう。4人の男女の関係はこの後、さらに錯綜していく…。