「坂を下ると海になっていた」忘れられない東日本大震災での光景

  • 宮城・多賀城市出身のJ1神戸・郷家友太が、東日本大震災の体験を語った
  • 学校の授業中に揺れに襲われ、自宅ではろうそくを頼りに一夜を過ごしたそう
  • 翌日、外で見た光景について「坂を少し下ると、海になっていた」と回想した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x