スマートフォンメーカーにとって中国市場は最大の市場であり、ここで大きなシェアを取ることには重要な意味があります。2021年1月のシェア調査で、OPPOが初めて中国市場でシェア首位を獲得したことがわかりました。一方、Huaweiはアメリカの制裁の影響を受け、低迷を続けています。

21%のシェアを獲得したOppo

調査会社のCounterpoint Researchによると、2021年1月の中国スマートフォン市場においてOppoは21%のシェアを獲得し、初めて首位となりました
 
出荷台数は前年同月比26%増だったそうです。
 

 
この理由として、Renoシリーズのリブランディングにより、前モデルよりも低価格帯で高性能な端末を投入したことで、比較的手ごろなプレミアムセグメントを獲得できたことが挙げられています。
 
また、ミッドレンジセグメントにおいてもAシリーズが好調であったことで、Oppoの製品ポートフォリオが強化され、幅広い価格帯で中国の5G需要に対応することができたとのことです。

Huaweiの低迷は続く

同市場における2位はVivoでシェア20%、3位はHuawei、Apple、Xiaomiでそれぞれ16%でした。
 
Huaweiはアメリカの制裁を受けた影響で部品不足が起こり、新規発売製品が減少し、中国市場でのシェアを失い続けています
 
2020年第4四半期に中国で販売された端末の65%以上が5G対応でしたが、Huaweiは制裁のため5Gスマートフォンの部品を調達することができなくなっているとのことです。
 
このため、Huaweiはプレミアムセグメントに重点を移し、利益率の高い製品のみを販売しています。
 
Huaweiの衰退は2021年も続き、代わりにほかのOEMがシェアを獲得していくとみられます。

 
 
Source:Counterpoint via 9to5Google
(ハウザー)