最強と呼ばれるだけあって上杉謙信の「強さ」は多く語られる。ときに義の男、ときに略奪者。しかし、事実を見ると「統治」についても一日の長があることがわかる。

そんな一面を書いたのが歴史家・乃至政彦氏の新著『謙信越山』だ。

上杉謙信という稀代の戦国大名を主人公に、彼が15年にわたって繰り返した関東遠征=越山の理由を掘り下げた力作だが、謙信の「経済政策」への言及は新しい「歴史の見方」を与えてくれる。著者・乃至政彦氏に聞く「歴史で磨く思考術」。(全3回)

第一回はこちら「織田信長と上杉謙信、武田信玄が英雄化した納得の理由」
第二回はこちら「『石田三成は悪者』説、大河で変わる戦国武将の実像」

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

商売センスがあった謙信の「政策」

――戦国武将というと「戦う人」「武士」のイメージが強いわけですが、統治する人、国をまわす人としての能力も必要です。『謙信越山』を読むと、特にその点で上杉謙信は一日の長があったことがうかがえます。

『石高がなくても景虎の資財は潤沢だった。では、その財源はどこにあったのだろうか。
まず直江津や柏崎などの港湾都市、ついで国内の金山や銀山を直轄していた。しかも特産品として、青苧という繊維の素材があった。永禄2年(1559)、景虎は自ら京都へ出向いて、これを朝廷や幕府の要人たちに献上した。すると、上流階級にあるかれらは嬉々として、越後布から作られた衣類でわが身を飾った。これが景虎の狙いだったのだろう。パリコレやハーパーズバザーなどの広告媒体がない時代、トップクラスの貴人たちが自発的にモデルとなれば、その宣伝効果は抜群である。
貴人たちが着用する豪奢な衣装は、地方からの来客の目を驚かせたことだろう。こうして越後の特産品は、京都から販路を広げていく。『謙信越山』第10節 長尾景虎の上洛より
乃至 謙信の商売センスというのは本当にそうですね。ひとつ、ふたつの資料で答えが見つかるわけではないんですけれども、彼の時代になって越後はすごく豊かになっているわけです。

 謙信のお父さんの長尾為景は港町や橋を作るなど、整備はしているんですけれども、なんせ戦(いくさ)が多いですから簡単にはいかない。特に特産品になりうる――つまり外貨を獲得できる可能性のある――「越後の布」の材料になる青苧(あおそ)を外に売った形跡がない。例えば、京都から「納入してくれ」と言われているのにできていない。

 それが謙信の時代になって急に豊かになるです。為景の時代に比べると相当な黒字になっている。詳しくは本に譲りますが、当時の越後経済にとって青苧の輸出はとても大きな意義がありました。

 それを表すように――これは織田信長や豊臣秀吉よりも先駆的なやり方で興味深いのですが――、謙信は領土内のさびれた港町の再興し、人を集めようと考えたとき、町の税金をすべてなしにした。四公六民(年貢の税率)とかじゃない、ゼロです。ただし、青苧にだけは税金をかけます。
それだけ青苧というのは大きな財源だったわけです。

 結局、謙信がこのとき考えたのは、「地産地消」じゃなく地産したものを外に売って、外にいる人も喜ぶ、自分の国も喜ぶ「win-win」の形だった。

 戦争ばかりの時代だとこういう商売の仕方はあまりしません。(領土を広げて、年貢を高くするなど)「荒稼ぎをしよう」という発想の方が思いつきやすい。

 謙信は平和を前提とした商業戦略を立て、これを見事にやってのけている。税金のかけ方一つを見ても「選択と集中」ができています。そこの商売に関する目の付け所というのはどうしてこんなに鋭いのかと不思議になるくらいです。

歴史を解釈をする人が減ってきた

――謙信のそうした側面はこれまで語られることはあったのでしょうか。

乃至 わたしの知る限り、あまりないんですよね。商売に関しては発見があまりない。

 一つひとつの事実は今までの研究で見えてきています。例えば新潟という名前がいつできたのか、ということ。これは、長尾為景が新しい港を作ろうということで新潟になったわけですが、そうしたことを積み重ねたうえで、では上杉謙信はどのように商売をやっていたんだろうと調べていくとこうした事実が見えてきます。

――歴史的事実から紐解いていける。

乃至 はい、そういう解釈をする人が今こそ必要だと思っています。歴史事実の検証は歴史学者の仕事です。

 以前はそこに解釈を加えるのが作家の仕事だったんですけど、今は解釈をするというよりはいかに作品を小説として面白くするかにシフトしていっています。

 その是非を問いたいわけではなくて、つまりは解釈をする人が減っているということなんです。ビジネスに歴史を生かしたいと思ったときに歴史と現代人を結びつける人がいないですから。

――そういう媒介になる人がいてこそ、我々にも伝わりやすいというのがありますよね。謙信が平和を前提とした――戦がある世をどう生きるかよりも経済圏として回すために平時を想定していたこと、というのは考えたことも、聞くこともありませんでした。『謙信越山』を読んでどんな反応があったら良いなと思われますか。

乃至 私が今一番、考えているのは今まで注目されていなかった人物を知ってもらうこと。本書でも書きました、里見義堯、小田氏治といった武将たち、彼ら個人の伝記みたいなものは意外とないんですよ。

 戦国時代は西を中心に語られますが、関東には関東の事情があったんだと知ってほしい。なぜ謙信が来たのか(越山)と考えるとき、謙信だけを見てもわからないし、(関東で有名な)北条氏だけを見てもわからない。

 群像的ではありますが、たくさんの人の見方から、違った考え方もあるんだと発見してくれたらうれしいですね。

――確かにそうした武将は教科書にも載らないですもんね。ちなみに「日の目を見ていない人物」で興味があるのは誰ですか。

乃至 今回書いた人物はみんな思い入れが強くなったんですけど、単著で書いてみたいなと思ったのは二人。さきほどの里見義堯、小田氏治については書く機会があればうれしいですね。

――歴史を見ること、知ることについて。その意味を最後にお願いします。

乃至 適切な例かわかりませんが、これだけ情報化した社会、何が正しいのかわからない世の中にいて、その中に手をつっこんで「これが答えだ」と責任を持てる答えを探す――、歴史を探ること、調べること、そこで本当に何があったのかを見ようとすることで、そうした思考法を演習できると考えています。

 歴史を見ることは、人を見ることで、その人たちが何を考えようとしていたのかを知ることでもある。好奇心をもってそうした営みができると、モノを見る目というのが養われるんじゃないでしょうか。

 例えば今、フランス人とドイツ人が、世界大戦のことを調べて「あの時お前はここが悪かった」と言い合うと血を見るかもしれないですが、「本能寺の変」で本当にあったことを調べて、何かを見つけたとしても何のリスクもないですよね。

 今さら、織田信長が悪かったと言っても誰も怒りません。現代の人物だったらそうはいかない(笑)。

 リスクなく「ものの見方」を身に着けられるのは歴史の一つの効能なんだと思います。歴史にはいつも新鮮な答えがありますから、自分だけの答えを見つけて、それぞれ思考法を養ってもらえたらうれしいですね。

「謙信越山」乃至政彦・著

筆者:乃至 政彦