トムハック社長の【とむちゃんねる】のYouTubeチャンネルより https://youtu.be/OlO4P04JKPE

写真拡大

 作曲家の「Tom-H@ck(トムハック)」が3日、自身のYouTubeチャンネル「トムハック社長の【とむちゃんねる】」を更新し、印税の明細を公開して驚きの声が挙がっている。

 大ヒットTVアニメ『けいおん!』など多くのアニソンの作曲を手がけているトムハック。そんなトムハックは、「【印税明細】アニソンヒットメイカーTom-H@ckの印税公開!」のタイトルで動画を公開。トムハックは「ある程度の知名度がある作曲家の中では初めてなんじゃないかと思う」と前置きしつつ、「印税明細を公開」すると宣言した。

 トムハックは「体張ってますし」「コンプラが心配です」と不安になりながらも、具体的な会社名を伏せた形で印税明細を公開。「音楽歴15、6年目の」トムハックの場合、18社から印税が入ってくるそうだ。印税は1年間に4回入ってきて、今回はそのうちの1つが公開されたのだが、高いものだと1社から約230万円、低いものだと361円の印税がトムハックに支払われていた。トムハックは2つの音楽事務所と契約しているため、今回公開した印税の約2倍の額が1回につき入ってくると説明していた。

 ​>>アニソン歌手、別人を『けもフレ』監督脅迫の男としてデマ拡散? ドラゴンボールファンからも悲しみの声<<​​​

 「動画の中では『(自身が所属している2つの事務所の印税額の)支払額の合計はお見せできない』と言っていたものの、公開された方の印税明細の額を足すと、おおよそ800万円となり、トムハックさんの場合、その2倍分の額となるため、1回あたり約1600万円が印税として支払われていることになります。年間に換算すると約6400万円ですね。トムハックさんによると、そこから税金と事務手数料が引かれるとのこと。事務手数料については詳しくは話せないと言っていましたが、大体2〜5割ほどだそうです。おおよそ4000万円くらいがトムハックさんの手元に残るのではないかと思われます」(芸能ライター)

 ただ、トムハックによると、印税額は20〜30年前に比べると少なくなっているそうだ。さらには「今後、音楽がこれ以上(収入が)悪くなるかって言われたらなると思う」と明かしていた。

 この動画を受け、ネット上では「作曲だけでこれってエグい」「想像以上に貰ってるんだな夢しかない」「思ってた数倍凄かった」「無から音楽を作るってそのくらい価値のある事だなぁって思った」などの驚きの声が挙がっていた。

 これまで知られていなかった印税について、視聴者は興味深く知ることができたようだ。記事内の引用について
トムハック社長の【とむちゃんねる】のYouTubeチャンネルより
https://youtu.be/OlO4P04JKPE