Twitterで依頼者に対し「タヒね」投稿、弁護士を戒告の懲戒処分

ざっくり言うと

  • 大阪弁護士会の34歳男性弁護士が戒告の懲戒処分を受けていたことが分かった
  • Twitterで依頼者に対し「死ね」を意味する隠語「タヒね」を投稿したという
  • 弁護士は、民事訴訟の依頼者と着手金の返還を巡ってトラブルになっていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x