中央感染症指揮センターから「防疫大使」に任命され、記者会見に臨む江宏傑さん=同センター提供

写真拡大 (全2枚)

(台北中央社)元卓球日本代表の福原愛さんの不倫疑惑や離婚決意が日本の一部週刊誌(電子版)で報じられてから一夜明けた4日、台湾の新型コロナウイルス対策をまとめる中央感染症指揮センターの記者会見場外に貼り尽くされていた福原さんの夫で元卓球台湾代表の江宏傑さんを起用した感染防止対策の啓発ポスターが全て撤去されていることが分かった。指揮センターの荘人祥報道官は4日午後の記者会見で、定期的な入れ替えだと説明した。

指揮センターは昨年6月、江さんを「防疫大使」に任命。新型コロナウイルス下での新しい生活習慣の定着を呼びかけるキャンペーンのPR映像やポスターに江さんを登場させた。江さんのポスターは3日までは記者会見場の入り口両脇に貼ってあったが、4日になって別のポスターに変更された。

荘報道官は江さんのポスターについて、「1回の案件に過ぎない」と強調。今後の再起用については決まっていないと明らかにした。

(張茗喧、呉欣紜/編集:名切千絵)