「生き残る人がいれば奇跡だ!」戦時下の日本の様子を伝える書簡現存

ざっくり言うと

  • 第2次大戦中に駐日ローマ教皇使節を務めたパウロ・マレラ大司教
  • 戦時下の日本の様子をローマ教皇庁高官に報告した書簡が現存すると分かった
  • 空襲警報が鳴り響く日々の中で「生き残る人がいれば奇跡だ!」と伝えていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x