「もう少し…」満タン後の継ぎ足し給油は危険? セルフ式で見かける行為は何が危険なのか

写真拡大 (全2枚)

禁止されている理由は、ガソリンが溢れる可能性があるから

 セルフ式ガソリンスタンドが普及して、自分でガソリンを入れる機会が増えています。セルフで給油する際、満タン後に追加給油をおこなう行為はどのような部分が危険なのでしょうか。

セルフ式のスタンドで給油中に「ガンッ!」と止まるのにはワケがあった

 セルフ式ガソリンスタンドの数は、年々増加傾向にあり、自身でガソリンを入れる機会が増えてきています。

【画像】給油口ってこうなってるの? 意外な構造を見る!(14枚)

 通常ガソリンを入れる際は給油のノズルに「オートストップ機能」が搭載され、ある程度給油をすると自動的に給油が止まるようになっています。

 この機能は、給油ガンの先端に燃料が出てくる穴のほかに、満タンを感知するための小さな穴が開いており、満タンになるとこの穴が塞がれタンク内部の管が真空状態になることでセンサーが働き、給油がストップする仕組みです。

 そんななか、このオートストップ機能を無視して、満タンになったのにも関わらず追加給油をおこなう人が見受けられます。

 給油する側からは給油口からガソリンが見えないため、まだガソリンが入ると思って追加で給油をおこなう人もいるようですが、果たしてこの行為は問題ないのでしょうか。

 ガソリンを満タン後に追加給油をおこなう行為について、ガソリンスタンドのスタッフは以下のように話します。

「満タンになってからの追加給油は、加減が分からず溢れてしまったり、走行中にガソリンが漏れ出たりと、吹きこぼれてしまう可能性があり非常に危険ですので絶対にやめてください。

 セルフ式の給油機は、ガソリン注ぎ口の先端にある穴が塞がれることで満タンになっているかどうか判断できるようになっているため、そちらから確認をおこなってください。

 万が一満タンに入っているか不安な場合は、オートストップが作動してから一呼吸置き、もう一度奥まで給油機を差し込んだままオートストップが作動するまで給油してください」

※ ※ ※

 ほかにも、ガソリン計量機を扱うタツノでは、セルフ式給油に関する注意事項について「満タン自動停止後の追加給油禁止」および「少量給油の禁止」を掲げており、給油が自動的に停止した際はその後の給油を控えるよう呼びかけています。

そもそも吹きこぼれはどれくらい起こっている?

 ガソリンの満タン後の追加給油は危険な行為とされていますが、実際にはガソリンの吹きこぼれが各地で発生しているようです。

 石油連盟、全国石油商業組合連合会、社団法人日本自動車工業会、日本ガソリン計量器工業会の4団体が2006年におこなった吹きこぼれに関する調査によると、1年間の吹きこぼれの有無について、あったと回答したフルサービス式ガソリンスタンド給油所が77.6%なのに対し、あったと回答したセルフ式ガソリンスタンドは95.5%と、ほとんどのセルフ式スタンドで吹きこぼれが発生しています。

給油前には静電気除去シートに必ず触れてから給油をおこないましょう!

 吹きこぼれの原因の推定については、「給油方法、注意事項についての周知不足」が97.6%となっており、もっとも多かった理由は「オートストップ後の継ぎ足し給油をしていた」が74.6%を占めていることが分かりました。

 ガソリンスタンドでは、それぞれ給油方法や注意点について促しているものの、まだ周知が広まっておらず吹きこぼれが多く発生しているようです。

 ガソリンの吹きこぼれについて、ガソリンスタンドのスタッフは以下のように話します。

「10年前と比べれば吹きこぼれ案件は随分減りましたが、若年層や年配層を中心に今でも吹きこぼれが起こることがあります。

 万が一静電気などで引火すれば命の危険もあるほか、ガソリン自体がクルマのボディの塗装を溶かしてしまうということもあります」

※ ※ ※

 ガソリンは気温がマイナス40℃でも気化して、小さな火源でも爆発的に燃焼する物質なうえに、空気より重いため穴やくぼみに溜まりやすいことから思わぬ火源によって引火する危険性があるとされています。

 クルマは走っているだけでも静電気をため込みやすいので、ガソリンの取り扱いには細心の注意を払う必要があります。

 ガソリンが満タンであるにも関わらず、その後も追加給油をおこなうのは非常に危険なため、オートストップ機能を無視せず、ルールを守って安全に給油をおこないましょう。