英レディングの刑務所跡地の壁に出現した、覆面アーティストのバンクシーが描いたとみられるグラフィティ(2021年3月2日撮影)。(c)BEN STANSALL / AFP

写真拡大

【AFP=時事】英ロンドン西郊レディング(Reading)にある、作家オスカー・ワイルド(Oscar Wilde)が服役したことで知られる刑務所の跡地の壁に、覆面アーティストのバンクシー(Banksy)の作品を思わせるグラフィティが出現した。

 受刑者がシーツで作ったロープを使って脱獄する様子が描かれており、ロープの先にはタイプライターが結び付けられている。

 この作品について、バンクシーからの公式発表はまだ出ていない。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
「ハクション!」 バンクシー新作、くしゃみをする女性描く
モネ題材のバンクシー油絵、10億円超で落札
【写真特集】英国の覆面アーティスト、バンクシーの作品