ワクチン接種を受けた60代女性が死亡 因果関係は「評価不能」東洋経済オンライン

ワクチン接種を受けた60代女性が死亡 因果関係は「評価不能」

ざっくり言うと

  • 厚労省は2日、コロナワクチンの接種を受けた60代女性が死亡したと発表した
  • 死因はくも膜下出血と推定され、接種との因果関係は「評価不能」という
  • 接種後の死亡報告は初めてで、基礎疾患はないとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x