iOS14.5とiPadOS14.5では、「探す」アプリでAirPodsシリーズだけでなく、Powerbeats ProなどBeatsブランドのイヤホンやヘッドホンの場所も確認できるようになります。

Beats製イヤホンも「探す」で発見可能に

AirPodシリーズは、iCloudで連携したiPhoneやMacから、「探す」アプリで位置情報の表示や、音を鳴らして場所を確認することが可能です
 
これまで、この機能はBeats製品では利用できませんでしたが、iOS14.5ではPowerbeats Proでも利用可能になる、とMacRumorsが報じています。
 
また、オランダメディアiCultureは、5,400円(税別)のお手頃ワイヤレスイヤホンBeats Flexなど、W1またはH1チップを搭載したBeats製品も同機能に対応することがiOS14.5ベータの「探す」アプリに対応する、と伝えています。

多くの新機能が追加されるiOS14.5

iOS14.5は現在、開発者向けベータ2と登録ユーザー向けパブリックベータ2がリリースされており、一般ユーザー向け正式版はこの春に公開されると見込まれます。
 
iOS14.5では、マスクを装着していてもApple Watchを使ってFace IDのロックを解除可能になるほか、「マップ」アプリで交通事故やオービス情報をユーザーが投稿できる機能、200以上の新作絵文字追加、Siriを使って再生する標準音楽アプリを変更可能になるなど、多くの新機能が追加されるとみられます。
 
また、Apple製の紛失防止タグ「AirTags」が3月に発売されるのではないか、と噂されています。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple (1), (2)
(hato)