新デザインは、日本デザインセンターの原 研哉氏が手掛けた

ヤマトホールディングス株式会社は、長年親しまれてきた「クロネコマーク」を改定し、4月1日から新デザインの「クロネコマーク」を使用開始すると発表した。また、新しいマークの追加やコーポレートカラー、社名ロゴタイプも変更する。

同社は1957年にクロネコマークを制定して以来、64年間使用し続けてきたが、初めてデザイン変更することとなった。

デザイン変更の理由は、ヤマト運輸を中核とする「新たなヤマトグループ」に生まれ変わることが大きく、そのほかにも、これからの時代に求められるサプライチェーンの変革、様々なユーザーの経営を支援するパートナーを目指すこと、サステナビリティへの取り組みを強化、物流のエコシステム創出を目指すといった、新たなヤマトグループの意思とビジョンを表すシンボルとして掲げるため。

新デザインは、旧デザインと比べ、手足が省略され、顔の枠取りもなくなり、バックの黄色の円も丸みを帯びたものになるなど、よりシンプルなものになっている。これは、調和や日々重ねてきたサービスをさらに進化させていくことを意味し、未来志向のデザインにした結果だ。


旧デザイン

また、「クロネコマーク」とは別に新しい「アドバンスマーク」も追加する。

この「アドバンスマーク」は、既成概念にとらわれず、果敢に挑戦する姿勢とビジョンを表明し、その象徴として新設される。

「アドバンスマーク」は、新サービスや新事業に使用されることになる。


「アドバンスマーク」

コーポレートカラーについては、クロネコマークで親しまれてきた黒と黄色をメインカラーに、その2色を引き立たせる白、グレーのサブカラーを加えた4色になる。


コーポレートカラー

また、社名ロゴタイプはヤマトグループ統一ロゴタイプを新たに開発している。


社名ロゴタイプ特設サイト
URL:https://www.yamato-hd.co.jp/pr/logo2021/
2021/03/01