ホンダ新型「ヴェゼル」はグレードも刷新! モーター2つのHVシステム「e:HEV」の特徴とは

写真拡大 (全2枚)

2モーターHVシステム「e:HEV」の特徴は?

 2021年4月に発表・発売予定のホンダ新型「ヴェゼル」は、搭載されるパワーユニットがハイブリッドシステム「e:HEV」と1.5リッターガソリンエンジンの2本立てとなることでも注目されています。ヴェゼルにe:HEVが搭載されるのは初めてとなりますが、どんな特徴があるのでしょうか。

2021年2月18日に世界初公開されたホンダ新型「ヴェゼル」(写真は用品装着車)

 e:HEVとはエンジンとふたつのモーターから構成されるホンダのハイブリッドシステムで、ヴェゼルのほかにも「フィット」をはじめさまざまな車種に搭載されています。

【画像】ホンダ新型「ヴェゼル」 ガソリン仕様は1グレードで登場! どんな外観? 画像で見る(30枚)

 走行モードは「EVドライブモード」「ハイブリッドドライブモード」「エンジンドライブモード」の3つがあり、走行状況に応じて最適な走行モードを使い分けます。

 特徴は幅広い領域においてモーターのみで走行をおこなう点で、発進時はもちろん、市街地走行の大半をモーターが担います。

 エンジン走行(エンジンドライブモード)となるのは高速巡航時で、エンジンと車輪を直結して走行します。

 ヴェゼルはモデルチェンジに伴いグレード展開が刷新されており、新型ヴェゼルでe:HEVが搭載されるのは「e:HEV PLaY」「e:HEV Z」「e:HEV X」の3グレードとなります。ガソリン仕様は「G」の1グレードのみです。

 一方、現行型ヴェゼルは幅広いグレード展開で、ハイブリッド仕様とガソリン仕様ともに5グレードがそれぞれ設定されており、パワートレインも全3種類が展開されます。

 それではここでクイズです。

 現行型ヴェゼルに設定されるグレード「ツーリング・ホンダセンシング」に搭載されているパワーユニットは、次のうちどれでしょうか。

【1】SPORT HYBRID i-DCD

【2】2リッターガソリン

【3】1.5リッターガソリンターボ

【4】1.8リッターガソリン

※ ※ ※

 正解は【3】の「1.5リッターガソリンターボ」です。

 ツーリング・ホンダセンシングは2019年1月に追加されたグレードで、新型ヴェゼルではラインナップ落ちしたターボエンジンを採用。最高出力172馬力・最大トルク220Nmの力強い走りが特徴でした。

 現行型ヴェゼルには、ほかに1モーターハイブリッドシステムの「SPORT HYBRID i-DCD」仕様と1.5リッターガソリン仕様が設定されていました。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定