Photography:Max Serra/Lamborghini

写真拡大

この記事は『「誰もが気軽に楽しめるランボルギーニ」を作るため誕生した一台とは?』の続きです。

一方、スタンツァーニはというと、まったく新たな90度V8エンジン、2.5リッターのショートストロークユニットの開発に余念がなかった。できるだけ軽く仕上げるべく、材質はすべてアルミニウム合金とし、ブロックも2体の鋳造品を20本のスタッドボルトで組み合わせる方式とした。

ごく初期のプロトタイプから吸排気バルブとスパークプラグ用の窪みだけを備えた、フラットなヘロン型シリンダーヘッドを採用していたのも特徴だ。各バンクのカムシャフトはメンテナンス性を考慮した結果、タイミングベルト駆動としたものの、それが欠点であることが分かったため、後に3リッター DOHC化された際にはタイミングチェーン方式へと変更されている。

【小さな闘牛 ウラッコ】(写真9点)
 
足回りは全輪にマクファーソンストラット式を採用した。確かにセッティングには難もあったが、なによりスペース効率に優れていたのだ。アメリカの衝突保安基準に適合させるため、ステアリングのラックとピニオンは爪先のすぐ向こう側にクラッシャブルなコラムとともに備えつけられている。
 
計器類の変わった配列もまたインテリアを個性的に見せた要因だった。1970年にトリノで発表されたショーカーでは、ダッシュボードのセンターに計器類が集中して配されていたのだが、1972年になってようやく登場した初期の生産モデルではステアリングホイールを取り囲むように置かれ、中でも左右の端に対照的に置かれた大きなタコメーター(向かって左)とスピードメーターが特徴的だった。
 
当初はウラッコのバッジが見当たらなかった。名前は最初のプレスリリースが発信される直後まで、シンプルにP250だったのだ。Pとはポステリオーレのイニシャルで、ミウラと同様にリア置きエンジンであることを表したものだった。しばらく後にフェルッチオ自身がウラッコという名前を選んでいる。小さいけれども凶暴な猛牛の血統に由来するネーミングだった。

 
発表された1970年から72年までの間、わずかに36台が生産されたのみで、ウラッコは未だ開発途中のモデルといえた。いずれにせよ悪い時代だったのだ。オイルショックに悩まされ、イタリアはもちろんヨーロッパの政治は緊張を強いられていた。フェルッチオ帝国の基盤というべきトラクタービジネスでも大量のキャンセルが発生し、ランボルギーニ社の財政も急速に悪化してしまう。
 
スタンツァーニは本格的な生産の立ち上げを目指して奔走していた。とにかくウラッコは隅から隅まで新しく、その生産には多額の投資を要した。ベルトーネによるデザインスタディや1970年のトリノ・ショーカー、ボブ・ウォーレスが何度も試した有名な黄色いテストミュールといった、車体番号のないプロトタイプが4、5台、ハンドビルトされた後、1972年の秋になってようやく、最初の生産型ウラッコがラインアウトすることになった。
 
今回掲載した白い車がその生産1号車で、現在はミラノのコレクションに収まるウラッコP250である。
 
シャシーナンバー 15000.1060*1 は、ごく初期に造られた50台のプリプロダクションカーの第1号車である。リアフードにもランボルギーニのバッジが貼られているので容易に見分けることができるだろう。さらにこの車は1 号車であるがゆえに、後の車とは違う特徴が他にもあった。最も大きな違いはリアのラゲッジルームを覗けば分かる。ホイールアーチのインナーパネルが曲面ではなく四角くなっているからだ。
 
また、ルーフの後端にはエスパーダと同様のグリルが3箇所あって、これらが備わっているウラッコは他に2台しかないと言われている(15006.1060*4と15008.1060*5だ)。残念ながらプレス向けテストカーだった5号車は役目を終えた後にクラッシュしてしまった。さらに、エンジンカバーを保持するストラットの位置が異なり、通常は3ピースのフロントバンパーが5ピースというのも違っている。またリバースギアへの走行中の誤操作を防ぐロック機構も1号車には備わっていない。
 
1号車は1972年9月29日に完成したことが分かっている。その後、高名な写真家ピーター・コルトリンによる本社工場前での撮影に供されており、その写真は現在、クレマンタスキー・アーカイブの一部になっている。現オーナーが語る事実・・・次回へ続く