スペインの動物園で飼育員がゾウの鼻で打たれて死亡 柵に体をぶつける

ざっくり言うと

  • スペイン当局は、カバルセノ自然公園で男性の飼育員が亡くなったと報告した
  • 雌のアフリカゾウに鼻でたたかれ、飼育場の柵に体をぶつけたという
  • 騒ぎが起きた際、飼育員らは飼育場の中を掃除していたとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x