去年11月、東京・国立市で自宅マンションのベランダから41歳の妻を投げ落とし、殺害したとして44歳の夫が逮捕された。夫は転落死を装っていた。

【映像】44歳の夫を逮捕

 高張潤容疑者(44)は去年11月、国立市にあるマンション9階の自宅のベランダから妻の麻夏さん(41)を投げ落として殺害した疑いがもたれている。捜査関係者によると、麻夏さんは胸を強く打って死亡したが、首にも絞められたような痕があったという。

 当時、高張容疑者は自ら110番通報をしており、これまでの警視庁の任意の聴取に「夫婦喧嘩をして気が付いたら妻がいなくなっていた」「飛び降り自殺を図ったようだ」などと説明していたが、ベランダの手すりなどには飛び降りたような痕は残っていなかった。高張容疑者は、取り調べに対し容疑を否認している。
(ANNニュース)