昨年末に吉本興業を退所した、オリエンタルラジオ藤森慎吾さん。相方の中田敦彦さんは家族でシンガポールに移住したが、コンビとしての活動は継続するという。

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

 そんな藤森さんが、2003年のオリラジの結成、「武勇伝」のネタや「チャラ男」キャラでのブレイクなど、半生を振り返った書籍『PRIDELESS(プレイドレス) 受け入れるが正解』が話題だ。「こだわらない 逆らわない 競わない 諦めない」という気取らない考え方の理由や、今後の芸能生活について話を聞いた。(全2回中の1回目。後編を読む)


藤森慎吾さん

退所してマネージャーの存在のありがたさを実感

――年末に吉本興業を「退所」。以来、環境はかなり変わりましたか?

 誰もマネジメントしてくれなくなって、今は何から何まで自分でやらなくちゃいけないんですよ。マネージャーという存在のありがたさと、やってくれていた仕事の膨大さに気づいて愕然としてますね。

 まだマネージャーをつけていないので、事務はすべて自分でしてます。いやあ大変ですよね、こういうの。やったことない作業ばかりだし。

――中でもいちばんつらいのは?

 やっぱりスケジュール管理かな。先方との日程調整ってこんなに面倒なものなのかと。加減がわからずつい予定を詰め込み過ぎちゃったりもして、そうするとだんだんスケジュール帳を開きたくなくなってくる。自分で組んだ予定のはずなのに、朝その日のぎっしりなスケジュールを確認したとたん、「全部忘れてなかったことにしちまおうかな」と思うこともあります。

僕がマネージャーの仕事の中身を理解しておかないと

――本当にすべてを自分でこなしているのですね。

 そうですよ、いまのところは。放送系の仕事だったらオファーを受諾する前に、同じ時間帯に他局に出ていないかどうかという、いわゆる「裏被り」の確認も自分でしてます。請求書は提出期限を確認して、Excelでつくっておいた雛形に必要事項を打ち込んで、PDFで書き出して先方へ送ってますね。

 記事とともに載せるのでプロフィール写真くださいと言われれば、宣材写真のデータをお送りしたり。そういえば、写真や映像の二次使用の許諾問い合わせもよく来るなあ。

 ようやくひと通り、マネージャーの仕事の全体像が把握できてきたところです。この先は早めにどなたかにお任せするつもりですけど、その前に僕が仕事の中身を理解しておかないとと思って。

憶測記事もあったけど……注目されないよりずっとありがたい

――そんな苦労をしているさなか、世の中では「オリラジ、吉本退所」「退所の真相は」「今後ふたりはうまくいくのか」といったニュースが飛び交いました。

 応援してくださる声もたくさん聞こえてきてそれはうれしかったし、同じくらいネガティブな声が上がっていたのも承知してます。裏が取れていない憶測記事も出たりしたけど、まあそういうのは想定していたこと。問題なしです。

 どんなかたちであれ話題にしてもらえるほうが、何ら注目されないよりもずっとありがたいですからね。

――どんなネガティブな記事を目にしても、そう言い切れるものなのですか?

 僕ら芸人も正直なところ、誰かのことをイジってそれを仕事にしている部分ってある。ネガティブな記事を書く人も同じように仕事でやっているわけで、きっと「今週のうちにインパクトのある記事用意しろよ」とか、いろんなプレッシャーがかかっているんですよ。目くじら立てていてもしょうがないかなと思うようにしてます。

 それに最近はSNSやYouTubeがあって、こちらもいつでも発信できる世の中なのは心強い。「ちょっとそれは違うよ」ということを書かれたら、即座に反論したり、その話題を利用してこちらがネタにできたりもしますから。うまく「お互い様」に持ち込めるとでもいうのかな。

相方がやめる間近になって急に僕もそこに乗っかった

――ともに退所したオリエンタルラジオの相方、「あっちゃん」こと中田敦彦さんと比べられることも多かったようです。「中田さんはいかにも独立してやっていけそう。でも藤森さんまで一緒に辞めちゃってだいじょうぶなの?」などと。

 まあそういう反応は自然なんじゃないですか? もともと世間が持っていたそれぞれのイメージ通りでしょうし。

 実際、相方が吉本をやめることはしばらく前から話し合われていて、やめる間近になって急に僕もそこに乗っかったというのが、本当のところですからね。

 だから、僕がやめると言い出したときは、相方がいちばんびっくりしてましたもの。「え、おまえもほんとにやめるの?」って。

やめないと叶わない目標ができた

――短期間のうちにやめる決断をした理由はどこに?

 半ば衝動的です。長いあいだ深く考えて「こういうビジョンに基づいた決断だ」と行き着いたわけじゃないので。でもそのとき不思議と、やめても自分なりになんとかやれそうかな、という自信が持てたんですよね。

 それからいちばん大きかったのは、やめないと叶わない目標ができたこと。オリエンタルラジオ20周年、僕らがやってる音楽ユニットRADIO FISH10周年を同時に迎える2025年に、日本武道館でお祭りのような公演をしたいと、吉本をやめるときにあっちゃんが言い出した。

 あっちゃんと僕が主導して、思い描いた通りの興行をするには、ここでふたり揃ってやめておいたほうが話が進みやすかったんですよね。大きい目標に向けて、これからそれぞれの道を歩いていこうと決心したわけです。

退所直後に著書を出したのはまったくの偶然

――退所して独立したのが1月のこと。その月のうちに、初の著書『PRIDELESS』を刊行。このタイミングは計算ずくのもの?

 いえ全然。前から出版の話は決まっていて、たまたまいい頃合いに出せることになっただけ。まったくの偶然なんですよ。あまりにグッドタイミングだから、「藤森が退所を機にすべてを洗いざらい暴露する!」みたいな本に見えてしまうかもしれないけど、全然そんな内容ではないです。まあ暴露本だと勘違いして手にとってくださる人もいるかもしれないから、そういう人に対してはしれっと黙っておこうと思いますが(笑)。

【後編 「“今日この撮影か、しんどいなあ”ということはなくなった」 オリラジ藤森がたどりついた“競わない楽な生き方” を読む】

「“今日この撮影か、しんどいなあ”ということはなくなった」 オリラジ藤森がたどりついた“競わない楽な生き方” へ続く

(山内 宏泰)