ビル・ゲイツ氏が、音声SNSアプリClubhouseのインタビューにおいて、iPhoneよりもAndroidスマートフォンが好きな理由について明かしました。

ゲイツ氏、Clubhouseに登場

ゲイツ氏はこのほど、CNBCおよびNew York Timesのジャーナリストであるアンドリュー・ロス・ソーキン氏がホスト役を務めたインタビュー番組に登場、Clubhouse共同創業者のポール・デイビッドソン氏とも会話する場面がありました。

AndroidスマホにはMSソフトがプリインストールされているから

現在ClubhouseアプリはiOS版しかなく、Android版は存在しません。インタビューの話題がそのことに及んだ際、ゲイツ氏はiPhoneではなくAndroidスマホを使っていると述べた上で、その理由を説明しました。
 

私は実は、Androidスマホを使っている。何でもすべて把握しておきたいのでiPhoneも触るが、実際に持ち歩いているのはAndroidだ。一部のAndroid(スマホ)メーカーはMicrosoftのソフトウェアをプリインストールしているので、私にとっては使いやすい。しかもソフトウェアとOSのつながりにより柔軟性がある。だからどうしてもそちらを使うようになってしまた。とはいえ、友人の多くはiPhoneを使っている。

 
このコメントに対しClubhouseのデイビッドソン氏は、同アプリのAndroid版開発は優先事項だと述べており、それほど遠くない将来、Android版が登場することを示唆しました。

 
 
Source:9to5Mac
Photo:GatesNotes
(lunatic)