フランス北部で交通違反取り締まりカメラの前を走行する車(2020年7月27日撮影、資料写真)。(c)DENIS CHARLET / AFP

写真拡大

【AFP=時事】フランス東部バラン(Bas-Rhin)県で25日、田舎道を時速191キロで走行しスピード違反で捕まった88歳の男が、新型コロナウイルスのワクチン接種の予約に遅れていたと説明していたことが分かった。

 警察のフェイスブック(Facebook)によると、現場の制限速度は時速110キロだった。警察は男から運転免許証と車を取り上げた。

 フランスでは先月から75歳以上の国民に優先してワクチン接種を実施している。この方法は成果を挙げており、ジャン・カステックス(Jean Castex)首相は25日、80歳以上の新規感染率が低下していると発表した。ただ、他の年齢層では増加している。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
米90歳女性、ワクチン接種のため雪道往復約10キロ踏破
1年ぶりの外出で観劇、ワクチン接種受けた高齢者ら スペイン
雪山とワクチン恐怖…トルコの医師に立ちはだかる壁