恐ろしい…「退職金で投資デビュー」の発想が招く破産リスク

写真拡大 (全2枚)

多くのサラリーマンにとって定年退職時に受け取る退職金は、人生で初めて目にする高額の現金ではないでしょうか。おまけに長年の重責から解放されたとなれば、つい気が大きくなり浪費しがちです。しかし、とりわけ注意が必要なのが「退職金による投資デビュー」です。多額の現金を保有する初心者は、大きなリスクと背中合わせにあることを忘れてはなりません。経済評論家・塚崎公義氏が解説します。

インフレ対策として、ドルや株の保有はお勧めだが…

サラリーマン(女性を含む、公務員等も含む、以下同様)は、退職金を受け取ると否が応でも老後資金のことを考えるようになるでしょう。まずは住宅ローンを返済し、残りの資金は銀行預金に置いておくべきか、それとも投資をするのか、迷う人も多いでしょう。

筆者としては、老後資金を全額銀行預金に置いておくことはお勧めしません。インフレがきたとき、銀行預金が目減りして老後の生活に困る可能性があるからです。それならば、資金の一部をインフレに強いドルや株式(具体的には内外株式の投資信託、以下同様)として持つべきだと考えています。

とはいえ、これまで投資をしてこなかった人が、いきなり退職金による多額の投資をすることは、以下の理由からお勧めできません。

(※写真はイメージです/PIXTA)

潤沢な退職金で、数百万円もの株を一気に購入!?

退職金は、まとまった金額が一度に支給されるので、投資をはじめようと考えた場合に頭に浮かぶ投資金額も、当然大きなものになるはずです。

しかし、投資に重要なのは「銘柄分散」と「時間分散」です。色々な銘柄の株式を、時間をかけて少しずつ買うことによって、一部の銘柄が暴落しても損失は限定的なものとなりますし、買ったときがたまたま株価暴落の直前だった、といったリスクも回避することができるわけです。

銘柄分散のほうは、投資信託を買うことで満たされるはずですが、退職金デビューでいきなり何百万円もの株を買うと、たまたまその日が株価暴落の直前だった、というリスクを抱えることになりかねません。

退職した段階で投資残高がなくても、一気に買うのではなく「今後数年間で目標投資額に達するように、少しずつ投資信託を購入していく」といった工夫をすれば、リスクは大幅に軽減できるでしょう。

退職金が出る前から(住宅ローンの繰上げ返済を我慢して)少しずつ積み立て投資を実行しておき、退職金で住宅ローンを返済する、といったことが実現できれば、さらにいいですが。

退職金は「会社に預けていた定期預金」に過ぎない

多くのサラリーマンにとって退職金というのは、いままで目にした最高の金額でしょう。気分が高揚して冷静な判断ができなくなってしまう可能性も高いので、むしろ当分の間はなにもせず、気分の高揚が収まってから老後のことを考えるほうがいいかもしれませんね。

筆者がお勧めしているのは、退職金を「退職日にもらえる、永年働いた褒美」と考えるのではなく、「会社に預けてあった定期預金の満期」と考えることです。

現役時代から「自分の給料はもっと高いのだが、一部を会社が勝手に天引きで社内預金しているのだ。それが満期になるのが退職金なのだ」と考えておくことで、さまざまなメリットが見込めます。

第一、退職金を受け取っても定期預金が満期になるだけなので、気分は高揚しないでしょう。また、現役時代から「自分は多額の社内預金を持っているのだから、銀行預金の分はインフレに強い株等で運用しておこう」と考えることもできるでしょう。

さらには「多額の褒美を受け取ったのだから、世界一周旅行にでも出かけよう」などと考えることもなくなるでしょう。せっかく会社が給料の一部を老後資金として保管してくれたのに、そのお金で贅沢を尽くすわけにはいきませんからね。

銀行支店長は、あなたの退職金にお辞儀をしている

一般庶民にとって、銀行の支店長というのは遠い存在ではないでしょうか。しかし、そんな銀行支店長に行内の個室へと招き入れられ、丁重な挨拶を受けたら、それだけで気分が舞い上がってしまう人もいるのではないでしょうか。

そんな状況下で投資信託や保険を勧められたら、冷静な判断が働かず、思わず「Yes」といってしまうかもしれません。もしも頭では断りたいと思っていたとしても、「せっかく支店長が勧めてくれたのに、断るなんて申し訳ない…」といった気持ちになり、やっぱり「Yes」といってしまうかもしれません。

しかし、購入した挙句多額の損失を被っても、投資は自己責任ですから、支店長がお詫びすることなどありえませんし、ましてや損失を補償してくれることなど絶対ありません。

読者の皆さんは、たとえ支店長に頭を下げられても、断ろうと思うのであれば、キッパリと断るべきです。そんなときのために、あらかじめ以下のようなフレーズを何度も頭のなかで繰り返し、自身に刷り込んでおくといいでしょう。

「退職金は銀行に振り込まれるから、銀行は私が退職金を受け取ったことを知っている。だから支店長は、私に挨拶をしてくれたのだ。おっと、支店長が挨拶をしているのは私ではなく、私の退職金のほうだった! 支店長に挨拶されて自分が偉くなったように感じてはいけないのだ」

こんなフレーズです。

大きな損失を防ぐには「小さな失敗体験」が必要

退職金で投資デビューするということは、投資の経験がないままに多額の投資をするということです。そういう人は、株価が暴落したときに「狼狽売り」をするなどの失敗をしかねません。

「株価は理屈通りには動かないし、暴落しても戻る場合が多い。だから、狼狽売りはすべきでない」といった話は、理屈としては理解できても、実際に暴落時の損失を経験しなければ、行動に結びつけるのは難しいでしょう。

そうであれば、若いときから少額の投資をして、小さな損を経験しておくことが大切です。小さな損が「免疫」となり、「大きな損」を防ぐことを期待できるからです。「小さな損は、大きな損を避ける授業料」だと考えれば、決して高いものではありませんから。

今回は、以上です。なお、本稿は筆者の個人的見解であり、筆者の所属する組織等々の見解ではありません。

※本記事内で金融商品等についての記載がありますが、あくまでも本論をわかりやすくするための事例であり、投資を推奨するものではありません。

筆者への取材、講演、原稿等のご相談は「幻冬舎ゴールドオンライン事務局」までお願いします。「幻冬舎ゴールドオンライン」トップページの下にある「お問い合わせ」からご連絡ください。

塚崎 公義

経済評論家