「当日の飲食の関係でございますけれども、牛肉のステーキ、あるいは海鮮料理、等であったというふうに記憶しております」

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

 2月25日、菅義偉首相の長男が勤める放送関連会社「東北新社」から7万円超の接待をされた山田真貴子内閣広報官(60)は衆院予算委員会に参考人として出席した。まず山田氏は「このたびは私の総務省在職中の、国家公務員倫理法違反にあたる行為によりまして、公務員の信用を損なうことになりましたことを深く反省しております」と述べた後、東北新社側から受けた「高級接待」の実態について、冒頭のように述べた。


菅首相 ©️文藝春秋

「週刊文春」が2月11日号で報じた菅義偉首相の長男・菅正剛氏による総務省幹部への“違法接待”問題で、総務省は24日、国家公務員倫理規程違反で11人を処分。谷脇康彦総務審議官は減給3か月。武田良太総務相は3カ月分の閣僚給与を自主返納する。「飲み会を絶対に断らない女」山田内閣広報官は処分の対象とはならなかったが、月給の10分の6を自主的に返上。総務省の調査によると、菅正剛氏の勤務する東北新社が接待で負担した費用は総額60万円近くにのぼるという。批判の矛先は早々に山田氏の続投を決めた菅義偉首相の決断にも向かってきており、国会はいま「官僚の接待問題」で大きく揺れている。

50代以上は“蜜の味”を肌で知る最後の世代

 一般の感覚でも明らかに「まずい」と感じられる7万円もの「高額接待」になぜ山田氏は応じたのか。その「特異な金銭感覚」に批判が起こっているが、50代後半の元官僚A氏は「7万円の接待ぐらい、別に何も驚くことではない」と語る。

「私はもうずいぶん前に官僚をやめましたが、いま50代以上の官僚が若い頃は、バブルの真っただ中でした。7万円の接待なんて日常茶飯事だったんですよ。私も、週3回は高級料亭で接待を受けていましたし、私の上司は1年間週末は必ず先方のアゴアシ付きで接待ゴルフに通っていました。

 当時は民間会社も金払いが良くてね。接待の帰りにはハイヤーが用意されているのですが、それとは別に“お車代”として数万円もらうことも多かったです。お土産でもらうお菓子と一緒にお金が入っているんですよ。今となってはトンデモないことでしょうけど、当時はそれが当たり前でした。

 山田内閣広報官は今回処分を受けた谷脇審議官や吉田真人総務審議官と同じく60歳、秋本芳徳前情報流通行政局長は59歳、湯本博信前大臣官房審議官は54歳など『接待』を受けて問題になった官僚は50代以上が多い。彼らは先輩世代が受けてきた“接待の蜜の味”をギリギリ肌で知っている最後の世代です。もともと、入省した頃にバブルで接待を受けることが当たり前だったので、いくら頭でダメだと分かっていても、どこかで、これぐらいいいじゃないかと、罪悪感が薄れていたのかもしれません」(同前)

「キャリア官僚が逮捕されることはない」

「今回の違法接待問題が報じられたときは本当に驚きました。少なくとも2000年に“国家公務員倫理規定”ができて以降、目立った違法接待はそれほど見当たらないはずです」

 こう肩を落とすのは神戸学院大学の中野雅至教授だ。中野教授は1990年に旧労働省に入省、2003年に厚生労働省大臣官房国際課課長補佐を務めたのち、退職し、現在は大学で行政学を教えている。中野氏は山田内閣広報官や谷脇審議官らとほぼ同世代の56歳だ。

「私は1990年に労働省に入省しました。確かに当時は、先輩方が『X社に講演を頼まれちゃってさ』と言って、そそくさと接待や講演料のもらえる講演会に出て行く姿をよく見かけました。私が入省した当時は『キャリア官僚は接待などでいくら利益供与を受けても、逮捕されることはない』という謎の不文律がまことしやかに語られていたものです。

 しかし1996年、のちに“岡光事件”と呼ばれる厚労事務次官の利益供与が大きな問題になったことで、徐々に官僚の意識が変わっていったのです」(同前)

「ノーパンしゃぶしゃぶ」が転機に

 岡光事件とは、当時厚生労働事務次官だった岡光序治氏が特別養護老人ホームの補助金交付に便宜を図った見返りに、利益供与を受けたとされる汚職事件だ。その後、1998年には大蔵省職員が大手銀行から過剰な接待を受けていた「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」も発覚。これらの事件を契機にして2000年には公務員と民間関係者との関係について定めた国家公務員倫理法が施行された。

 同法の倫理規定では「国家公務員が、許認可等の相手方、補助金等の交付を受ける者など、国家公務員の職務と利害関係を有する者(利害関係者)から金銭・物品の贈与や接待を受けたりすることなどを禁止しているほか、割り勘の場合でも利害関係者と共にゴルフや旅行などを行うことを禁止」すると定められた。

「それまで接待を受けていた先輩方は『なぜ個人の内面の倫理まで規制するんだ』と猛反発していました。ですが、マスコミの報道も過熱していましたし、小さな不祥事が官僚人生の命取りになる可能性もあった。自然と『接待』を受けるのはやめておこうという空気が醸成されていったんです。

果物は送り返し、出されたケーキも食べなかった

 当時は、皆、過剰なくらい、『これは利害関係者との利益供与や接待に当たらないだろうか』と気にしていましたよ。同窓会ひとつとっても、『もし友人に利害関係者がいたらどうするのか』と私と同僚とで、真面目に議論したこともあります。私自身、業界団体の人からおいしそうなラ・フランスが家に届いたときは、即刻送り返しました。もちろん、夜に食事に誘われても絶対に行きませんでした。

 業界団体の人と、先方の会社で、話し合いをしたときのことです。話し合いの前にコーヒーとケーキが出てきたのです。この時私はもう話し合いのテーマが頭から抜けてしまうほど悩みました。コーヒーはまだいいとして、先方が買ったケーキを食べてしまったら、これは飲食費を負担してもらったことになるのではないだろうか……。そう考えたら、ケーキに手をつけることができませんでした(笑)」(同前)

 それぐらい、「当時は官僚はみんな過敏になっていた」という。中野氏が続ける。

倫理規定は形骸化したのか

「2000年に国家公務員倫理規程ができてから、官僚になった人たちは、こういう先輩たちの生真面目すぎるぐらいの『倫理観』を見てきて、彼ら自身もそれが身についている。研修でも倫理規定についてはまずみっちり教育されます。今の50代以下の官僚の意識は先輩世代らの頃と180度変化しているのです。

 日本の行政や官僚制の強味は、業界や政界と上手く意思疎通することであり、それが経済成長の一因になったという指摘もありますが、残念なことに日本では、官業が『うまく意思疎通する』ための潤滑油として接待が機能してきてしまったという背景があります。

 しかし、2000年以降、時代は変わったはずでした。わずか数万円の接待や利益供与を受けただけで、数千万円規模の退職金を棒に振る可能性が出てきたわけです。接待に招かれて、いくら高級な『ステーキ』や『海鮮料理』を食べさせてもらったとしても、普通に発覚した後のことを考えれば、正直いいことはまるでないんです。そんなことはあのバブルの頃の『官僚バッシング』を経て、骨身に染みたと思っていたのに……。

 私が知る限りでは、官僚は接待に対して過剰なくらいピリピリしていた。でも、あれから20年経って、倫理規定も監視の目も、いまでは形骸化してしまったということなのでしょうか。本当に残念なことですし、彼らのやったことは、先輩方が積み上げてきた国民への信頼を踏みにじる行為だったと思います」

 25日には、鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループの秋田善祺元代表との会食に費用を負担せず同席したとして、農林水産省が幹部6人の懲戒処分を決定した。次々と発覚する官僚の不祥事。「蜜の味」の誘惑に流されず、膿を出しきるのはいつになるのだろうか。

《霞が関は萎縮するな》高額接待問題で元厚労官僚が緊急提言「民間人と官僚の食事は必要」 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))