Appleが現地時間2021年2月23日、米国特許商標庁(USPTO)にて、金属素材への酸化物コーティングに関する特許を取得しました。この特許を活かした製品が実現する場合、将来的に防指紋コーティングされたチタン筐体がMacBookやiPhoneに採用されるかもしれません

チタン合金用の防指紋コーティング方法

AppleがUSPTOにて取得した特許名は、「金属素材表面への酸化物コーティング」というものです。
 
この特許には、チタンやチタン合金を含む金属素材の表面に酸化物コーティングを行い、指紋や汚れが付着することを低減もしくは簡単に除くことが出来るようにする膜を形成する加工が記されています。
 
ディスプレイのガラスには防指紋効果のある撥油性コーティングが施されていますが、このコーティングはチタン合金にはほとんど効果がないとし、チタン合金用の防指紋コーティング方法が模索されているようです。

チタン合金表面に、酸化物被膜を形成


 
上記図表1にはコーティング処理することができる金属表面を有するデバイス例、図表5にはコーティングのないチタン合金において指紋が付着した様子が、図表8には、防指紋効果のある酸化物コーティングを施したチタン合金には指紋が付かない様子が図示されています。
 
図表7には、防指紋効果のある酸化物皮膜を有するチタン合金の断面図が記されています。
 
酸化物被膜には、酸化アルミニウム、酸化チタン、酸化ケイ素、酸化ジルコニウムなどが想定されています。
 
Appleは、デバイスの外装に用いるつや消しチタン合金の加工方法に関する特許も取得しています。
 
Appleは日々、多数の特許を取得していますので、それを活かした実製品が登場するか、登場するとしてもいつになるかは不明です。
 
 
Source:USPTO via Patently Apple
Photo:dbrand
(FT729)