最近何かと話題になることが多いセブン-イレブン。人気テレビドラマとのタイアップスイーツやバブカのような菓子パンなど、話題の理由はさまざまですが、そのひとつには商品パッケージや容器がひどいといった、悪い意味で話題になってしまうこともあります。そんな商品のデザインが一新されたようです。

黒糖っぽいデザインが消えた

一時爆発的な大ブームを巻き起こしたタピオカ。街中ではタピオカの専門店が続々とオープンし、コンビニなどでも気軽に購入できるようになりましたよね。

セブン-イレブンでも「タピオカ黒糖ラテ」という商品があったんです。容器の中に、黒糖ソースがたっぷりと入っていそうな見た目だったんですが、それはパッケージデザインで実際にはプリントされたもの。これが「誤認させる」と問題視される結果に……。

そんな同商品のデザインが一新されました! パッケージから黒糖のようなデザインが消え、わかりやすい見た目になって再登場。2021年2月16日(火)から全国で販売されています。

コク深い味わいでおいしい

前述のとおり、ちょっと問題になってしまった商品だったので、てっきり味もイマイチなのかと思っていたら、そうではなさそう。

ネット上では、「セブンの黒糖ラテがめっちゃおいしい」などのように高評価な声が見受けられます。

そこで筆者も実際に飲んでみたんですが、たしかにおいしい。沖縄県産の黒糖と生乳を使用した黒糖ラテは、とにかくコクがすごい。黒糖のコクやまろやかな甘みはもちろんですが、それとは別にもコク深さを感じます。生乳のおかげなのか、リッチ感のある味わいです。

黒糖ラテ自体は、想像以上のおいしさで飲んだ瞬間に驚いてしまいましたが、タピオカはコンビニらしいクオリティなので期待しすぎないほうがよさそう。個人的にはタピオカ抜きの「黒糖ラテ」が販売されたら、毎日のように飲んでしまうかもしれません。(文・奈古善晴/オルメカ)