中国メディアGizchinaが現地の情報として、折りたたみiPhone発売により、iPad miniが段階的に廃番になると報じました。

約157,800円で2022年9月に発売される?

同メディアによれば、AppleはApple Pencilをサポートするディスプレイサイズ7.3インチ〜7.9インチの折りたたみiPhoneを開発しており、これが発売されることでiPad miniが廃番になるとのことです。
 
折りたたみiPhoneの登場時期についてGizchinaは2022年9月と予想、ノッチのない有機EL(OLED)ディスプレイを搭載し、約1,500ドル(約157,800円)で発売されると伝えています。

他の噂と大きく異なり、信憑性も不明

ただし、リーカーのジョン・プロッサー氏は折りたたみiPhoneは縦に展開するGalaxy Z Flipのようなクラムシェルタイプで2023年以降の登場を予想しており、Gizchinaの情報と大きく異なります。
 
韓国メディアThe Elecは、折りたたみiPhoneはまだApple社内で検討されている段階で、製造に向けた具体的な動きもなく、登場するとしても2024年が現実的と報じていました。
 
イスラエルの情報サイトThe Verifierが以前、折りたたみiPhoneがiPad miniを置き換える可能性を予想していましたが、その場合はGalaxy Z Foldのようにディスプレイが横に展開するデザインが前提でしたので、クラムシェルタイプとは異なります。
 
折りたたみiPhoneはペンをサポートするとの調査会社の予想はありますが、Gizchinaの報道内容はこれまでの予想と大きく異なるため、信憑性を高めるような続報が伝えられるのか注目されます。
 
 
Source:Gizchina
Photo:MARCIANOTECH(@MARCIANOPHONE)/Twitter
(FT729)