映画『あの頃をもう一度』より
 - (c) 2021 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

 ディズニー・アニメーションの新作短編映画『Us Again』の邦題が『あの頃をもう一度』に決まり、3月5日より全国の劇場で新作長編『ラーヤと龍の王国』と同時公開されることになった。ディズニー・アニメーション・スタジオ制作の劇場用短編映画としては、『モアナと伝説の海』と同時上映された『インナー・ワーキング』以来実に5年ぶりの新作となる。

 音楽やダンスでにぎわう都会を舞台に、若き日はダンスが大好きだった老夫婦を主人公にした本作。ある夜、二人は不思議な雨に導かれるようにして踊る喜びを思い出し、その喜びが彼らを若い頃の姿へと変えていくのだが……。併せて公開されたビジュアルには、若返って楽しそうに踊る二人の姿がある一方で、雨に濡れた横断歩道には年を重ねた二人が手を取る姿が浮かび上がっている。人生の喜びや輝きはどんなに年を重ねても決して色あせることはないと教えてくれる、感動のダンスファンタジーが誕生した。

 監督は、『ベイマックス』でヘッド・オブ・アニメーションを務めたザック・パリッシュ。ダンスパフォーマンスは、ジャスティン・ビーバーやビリー・アイリッシュとのコラボレーションや、BTSの振り付けでもその名を知られる夫婦ダンサーのケオネ&マリ・マドリッドが担当。パリッシュ監督は2016年にケオネ&マリが披露した老夫婦に成り切ってのダンス映像を見たことが、本作のアイデアを大きく膨らませることになったと明かしている。音楽は、『キャプテン・マーベル』のパイナー・トプラクが担当した。

 『ラーヤと龍の王国』は劇場公開と同時に「Disney+(ディズニープラス)」プレミアアクセスでも公開されるが(※プレミアアクセスは追加支払いが必要)、『あの頃をもう一度』は劇場のみでの公開となる。同作のディズニープラスでの配信は、6月を予定している。(編集部・市川遥)