「日本一の茶処」揺らぐ静岡…鹿児島が猛追「いつ抜かれてもおかしくない」

ざっくり言うと

  • 「日本一の茶処」である静岡県の地位が揺らいでいると読売新聞が伝えた
  • 農水省が19日に公表した2020年の荒茶生産量では、2位の鹿児島県が猛追
  • 差は年々縮まっており、「いつ抜かれてもおかしくない」といった声もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x