納豆購入額で水戸市が全国5位に転落、1位は福島市 双方に理由を聞いた

ざっくり言うと

  • 納豆の1世帯当たりの購入額で2020年、茨城県水戸市が全国5位となった
  • 市の担当者は、全国的に市場規模が拡大していることが大きいのではと言及
  • 1位の福島市の担当者は、幼い頃から納豆を食べる習慣があるためではとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x