PCR検査で陰性判明も出勤認められず、解雇 40代男性が元勤務先を提訴

ざっくり言うと

  • PCR検査で陰性だったものの出勤が認められず、その後解雇された40代男性
  • 勤務していた楽器卸売会社に社員としての地位確認などを求めて提訴した
  • 会社側は感染の有無や体調報告がなく、長期の無断欠勤と判断したと反論した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x