キングコング・西野亮廣

写真拡大

 2月9日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます』(関西テレビ制作・フジテレビ系)にキングコングの西野亮廣が出演した。西野と言えば、先月30日に吉本興業を退社したばかり。ただ、番組はその前に収録されたものと見られ、特に言及はなかった。

 今回の放送で西野はレギュラー出演者を前に、「絶滅危惧種テレビタレントの救い方」をレクチャー。そこで強調されたのは、認知タレントと人気タレントの違いだ。認知タレントはデパートなどの無料ライブで人を集めるが、お金を払う単独ライブには人が集まらない。知名度がありながら人気のない芸能人YouTuberは認知タレントとなる。

 西野はネットで人気タレントになるためには「ウソをつかない」信用が必要だと力説。その好例として挙げられたのが、実業家のホリエモンこと堀江貴文氏や、編集者の箕輪康介氏だった。

 ​>>同期芸人がギスギスする原因でもあった? 吉本退社のキンコン西野に抱いてきた複雑な思い<<​​​

 「すべての答えを知っている。エンタメの神」だという西野が出演者のマッピングを始めようとするも、千鳥の大悟から「お前が一番信用度薄い」と強烈なツッコミを浴びていた。大悟は以前の西野出演回でも「捕まってないだけの詐欺師」とツッコミを入れており、今回も名言が飛び出した形だ。ネット上では「これは言い得て妙」「大悟が心に思ってること言ってくれた」といった絶賛の声が相次いだ。

 そんな大悟は西野から見た場合、ズバズバとした物言いに対する信用度があると高評価。それに対して、相方のノブの評価は出演者の中で最低だった。西野いわく、「あまり面白くないアイドルのエピソードで笑う」といった「ウソを散々ついてきた」とイタいところを突いていた。これにも、大悟が「僕と2人でやってる時はめちゃくちゃ『おもんない』とか言う」「ただ、大きな番組なると言わなくなる」と裏の顔を暴露し、フォローになっていない追い打ちの言葉をかけていた。さらに西野も「めちゃくちゃ悪い奴やないかい。裏で言うてんのかい」と呆れ気味。こちらにも、ネット上では「ノブは確かに裏があるかも」「八方美人ぽいところはありそう」といった共感の声が聞かれた。 このほか、西野は、同じく吉本興業を退社したオリエンタルラジオの中田敦彦から「オンラインサロンに人が集まらない」と相談を受けていた裏話も披露。あらゆる仕事を無難にこなしているのが原因だとアドバイスし、中田はYouTuberなどネット活動に集中していくようになった。その後の躍進を見る限り、西野のアドバイスは功を奏したと言えるだろう。