松村氏は止まらない咳に苦しんだという(時事)

写真拡大

 芸能界はコロナ感染率が高いと言われている。感染対策しながらのスタジオトーク、ロケ、ドラマ撮影には限界があり、さりとて、それをしなければ番組も映画も舞台も作れない。タレントにも家族や生活があるし、感染は怖いはずだ。『週刊ポスト』(2月8日発売号)では、コロナ後遺症について17ページにわたり体験談や医師の分析などを特集しているが、そこでは多くのタレントが感染の恐怖と後遺症について語っている。

【写真】今も医療現場は危機的な状況が続いている

 本誌で感染後の肝機能低下について告白したタレントの松村邦洋氏(53)は、昨年末に発症し、今年1月に退院したが、2009年にはマラソン中に急性心筋梗塞による心室細動で一時、心肺停止になったこともあり、ファンや関係者は重症化を懸念した。幸い、重症化せずに回復した現在は、「気を付けて、気を付けて、さらに気を付けて」過ごしているという松村氏に、コロナ感染の恐怖について詳しく聞いた。

 * * *
 昨年12月26日に38.4度の熱が出て、28日にPCR検査で陽性になりました。3日間の自宅待機の後、元日に入院して1月8日に退院しました。

 退院直後にはもちろん検査は陰性なんですけど息苦しさがあり、先生からは、「陰性になってもコロナ・ウイルスの影響が残っていることもある。感染力はないけど、しばらくは息苦しさを感じることがある」と言われていたので、3日間くらい家でゆっくり寝ていました。

 それから徐々に運動をするようになりましたが、思い切り空気を吸うと、まだ胸が痛かったりしました。今はそういう不調はなくなりましたが、最初のうちは「外を歩いたら石投げられたりしないかな」という不安もありましたね。

 コロナ後遺症かどうかわからないのですが、今もたまーに咳が出たり、頭痛が少しあります。再検査の時に先生から「4人に1人くらい脱毛がある」と言われましたが、僕は今のところそれはありません。

 僕、こんな体形でも健康診断の数値は悪くないんです。でも、入院中は肝臓の数値が悪くて、こんなことはなかったから、やはりコロナの影響でしょうか。それでも病院食もおいしくいただきましたよ。自分ではグランメゾン(高級フレンチレストラン)かと思ったくらいです(笑)。一年の始まりとしては辛かったですが、食べられてるのは幸せだなあと感じながら乗り越えました。

 芸人同士でも、感染経験者とはいろいろ情報共有しています。庄司智春君とは電話やメールをして、胸の違和感はずいぶんあったと聞きました。森三中の黒沢(かずこ)ちゃんからは、お見舞いのメールをもらったりして、皆さんのお気遣いにすごく助けられました。

 今のところ目立った後遺症もなく元気にやってますけど、やっぱり怖さ、不安はありますよ。実際に感染したからこそ二度とかかりたくないと強く思うし、神経質にもなります。入院中は除夜の鐘みたいにゴーン、ゴーンと咳が出続けて、止まらない咳との戦いでした。あんな経験はもうしたくないんです。でも仕事は続けないといけないから、手洗いやうがいは確実にしながら、食事中もしゃべらないように、電車に乗る時も細心の注意を払って、気を付けて、気を付けて、さらに気を付けて過ごしています。