亭主関白と恐妻家のハイブリッド!?

写真拡大

 冷たい風が吹きつける1月下旬の夕方、コンビニのレジ袋を下げた中年男性が瀟洒なマンションに入ろうとしている。話しかけると、あのダミ声と人懐っこい笑顔で、

【写真10枚】ラジオの仕事を終えた出川は上下迷彩柄のファッション。ファンの求めに応じてサインする神対応を見せる。好感度が高い理由がよくわかる

「勘弁してくださいよぉ。この家、誰に聞いたんですか? 愛人と一緒に住んでるとか言うんでしょ? 勘弁してくださいよぉ!」

 と、聞いてもいないのに自ら“疑惑”を持ち出し、オーバーな反応を見せた。さすがは、お笑い界のリアクション王・出川哲朗(56才)である。出川は最近、16年間も住んだ「愛の巣」を引き払い、新居へと引っ越していた。その理由とは──。

 かつて女性誌の「抱かれたくない男」ランキングでトップに君臨していたのは遠い昔。出川はいま、老若男女から支持を集める好感度芸人に生まれ変わっていた。

「特に『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で体を張る姿は、子供や若者に笑いと勇気を与えています。業界からも『ウラオモテがなく腰も低い』と評判ですし、令和になっても安定して仕事があります」(テレビ局関係者)

 現在、レギュラー番組4本で、CM契約は8社。一部では「年収5億円」とも報じられた。
 仕事は順風満帆な出川だが、私生活は謎めいている。2004年、14才年下で元レースクイーンの瑠理子さん(42才)と結婚。“美女と野獣婚”と揶揄されたが、間もなく美女は“鬼嫁”に豹変した。

「出川さんは毎朝、瑠理子さんに『死ね死ね死ね』という歌で起こされ、風呂場には『くそ哲殺す』という呪いの言葉が書き殴られていたそうです。結婚から2年後には『妻とはセックスレス』と自虐的に言っていました」(芸能関係者)

 結婚17年目のベテラン夫婦だが、2ショットの目撃談はほとんどなし。そして出てきたのが別居説である。

「新婚当初から、いわゆる“芸能人マンション”に住んでいて、賃貸契約で最も長く住んでいたのが出川さん夫婦。でも、ここ数年は夫婦で外出することもほとんどなく、別居や『実は離婚している』なんて声も出ていました」(前出・芸能関係者)

 ついにこの年末、愛の巣を引き払い、新居へと引っ越した。どんな心変わりがあったのか。冒頭の通り直撃すると、“愛人”というキワドイ単語を出しながら、こう語った。

「いやいや、愛人とは一緒に住んでいなくて、普通に奥さんです(笑い)。確かに前の家は気に入って長く住んでいましたが、ぼくの部屋がめっちゃ汚かったんです。いただき物を家に持ち帰るので、増えすぎて足の踏み場もないくらいで。だから、ちょっと広いところに引っ越したんです。といっても6畳ぐらいの部屋が増えただけ。家賃は上がりましたけど」

──5億円も年収があるのに家を買わないのですか?

「そんなにない! それ夢ですよ! ぼくのギャラ、1本の単価安いから。ここの家賃もそんなに高くないし。住民の手前、金額は言えませんけどね」

──奥さんとの仲は?

「仲よくやっていますよ」

──尻に敷かれている?

「いえ、敷かれていませんね。ぼく、こう見えて考え方は昔の男で亭主関白。まったく尻に敷かれていません!」

 出川が持つコンビニのレジ袋にはナスが5本入っていた。

──奥さんのお使いですか?

「はッ! いや、あの、ひとり暮らしじゃないんでね!」

 そう言い残すと、妻が待つ新居へと帰っていった。出川の知人が明かす。

「彼は恐妻家ですが、奥さんは鬼嫁ってほどじゃない。3年ほど前、出川さんが胆管炎で入院したとき、奥さんは毎日必死に看病していましたし、出川さんの親族からの信頼も厚い。結婚当初、出川さんは『子供がほしい』と言っていて、それは叶わなかったけど、いまは夫婦の生活を謳歌しているようです。引っ越しは、今後の夫婦の生活を考えて“ちょっとアップグレード”したようです」

 私生活は「ヤバいよ、ヤバいよ」とは無縁なようで。

※女性セブン2021年2月18・25日号