日本郵便の公式キャラクター「ぽすくま」を描いた1円切手のデザイン

 日本郵便は28日、公式キャラクター「ぽすくま」を描いた1円切手を4月14日に1億枚限定で販売すると発表した。現行の1円切手は明治時代に郵便の仕組みを築いた前島密の肖像だけで、新たなデザインは約70年ぶりとなる。

 今年が郵政事業が始まって150周年になるのを記念しての発行。1円切手は消費税率の引き上げに伴い、新旧の料金差額を埋め合わせるために需要が増えていた。

 限定切手はシール式。ばら売りはせずに1シート50枚入り50円で、200万シートを全国の郵便局の窓口などで販売する。「ぽすくま」はクマのぬいぐるみをモチーフにしている。