怪獣8号(ジャンプチャンネルより)

写真拡大

朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)の2021年1月28日の放送で、お笑い芸人のケンドーコバヤシ(以下、ケンコバ)さんが「今年、絶対に流行るマンガ」をプレゼンした。

漫画をテーマにした冠番組「漫道コバヤシ」(フジテレビONE)を持つなど、芸能界きっての漫画好きとして知られるケンコバさん。そんな彼が紹介したのは、「呪術廻戦」と「怪獣8号」の2作だった。

「もっと他に紹介するところあるでしょ」

まずケンコバさんが紹介したマンガは、芥見下々さんの「呪術廻戦」。連載誌である「週刊少年ジャンプ」(集英社)の中でも大きな注目を浴びる人気作だ。人の負の感情から生まれる「呪い」の化け物と「呪術師」たちの戦いを描く。

ケンコバさんのおすすめポイントは個性豊かなキャラクター達。主人公はもちろん、その同期や師匠も紹介した。しかし一番気合を入れて紹介したのは、メインキャラとは言い難い「東堂葵」だ。

東堂葵は、主人公の通う「東京都立呪術高等専門学校」の姉妹校に通っている。高い実力はあるものの傲慢で粗暴な性格であるために、敵味方両サイドから「厄介者」とみなされてしまう癖の強いキャラクターだ。ケンコバさんは彼と好みの女性のタイプが近いことなどから、愛着を持っているようだ。

この熱烈な「東堂」推しの「呪術廻戦」プレゼンに、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜さんは「独特のところ切り取りすぎていて、ちょっとまだよく分かっていないところもあるんですけれども」と困惑。ケンコバさん本人も自身のマンガ紹介について、「他のファンからも『もっと良いところあるだろう』と言われる」と振り返った。

一方で、SNS上では「ケンコバ東堂好きなの?握手しよ」、「ケンコバが東堂さんをプッシュしてるのとても好きだしとても分かる」という好感触なコメントも寄せられていた。

読むならまさに今!?「怪獣8号」

続いてケンコバさんが紹介したのは、松本直也さんの「怪獣8号」。怪獣発生率が世界屈指となっている架空の日本を舞台としたバトル漫画で、アプリ「少年ジャンプ+」(集英社)で連載されている。

大まかなストーリーについてスタジオでは、他の人気作になぞらえて説明された。怪獣と対峙する世界で、主人公自身が怪獣となってしまいながらも、その姿で人々を守るために立ち向かう点は、まるで「進撃の巨人」のようだという。しかしその正体がバレてはいけない点については、「ウルトラマン」のようだと評された。

そしてケンコバさんのおすすめポイントは主に3つ。

1つ目は「応援したくなる主人公」。32歳の主人公・日比野カフカが再び夢を追いかけ、怪獣から人々を守る日本防衛隊を志すところだ。2つ目は「バディ関係」で、この主人公を支えるクールで冷静な18歳の青年・市川レノとの協力関係が見どころだという。3つ目は、「イケメンパラダイス」。とにかく個性豊かな「イケメン」揃いだとして、女性たちにも是非読んでほしいと熱弁した。

こうしてスタジオの興味を引き付けたところで、ケンコバさんはさらに

「これはまだ物語が始まったばっかりで、単行本もまだ一巻しか出ていない。読むならまさに今。今ならだれでも追いつけます!」

と強くお勧めした。

これを受けてか、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんはツイッターでこう呟く。

「怪獣8号をまんまと購入してしまいました。ケンコバさんありがとうございます」

さらにツイッターのトレンドにも、「怪獣8号」、「ケンコバ」がトレンド入りを果たしていた。

怪獣8号の単行本第1巻が発売されました!怪獣大国日本。カフカ達の活躍を単行本でもぜひ!よろしくお願いします!#怪獣8号#ジャンププラス pic.twitter.com/VsP83xkYD4

- 松本 直也 怪獣8号連載中 (@ringo_inuS) December 4, 2020