ほかの児童に対応中、目を離す 噛む力弱い男児が昼食を喉に詰まらせ死亡

ざっくり言うと

  • 和歌山県で噛む力が弱い5歳男児が昼食を喉に詰まらせ、後日死亡した問題
  • 担当指導員がほかの児童に対応し、男児から目を離していたことが分かった
  • 男児はダウン症で、食べ物は小さく刻んで提供することにされていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x