1月8日に1都3県、1月14日に2府5県で発令された2度目の緊急事態宣言。多くの店が時短営業となり、買い物も難しく、不便な思いをしている方が多いのではないだろうか。

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

 気軽に買い物ができなくなったコロナ禍で注目度を高めたのが、ネットスーパーだ。リアルに店舗を構えるスーパーマーケットから、注文した生鮮食品や日用品が配達されるネットスーパーは、昨年4月の緊急事態宣言発令の頃から利用者が急増。受注を一時停止するネットスーパーも出るほどの騒ぎとなった。

 今回はそのネットスーパーのなかで、10以上の都道府県での配送に対応している「イトーヨーカドーネットスーパー」、「おうちでイオン イオンネットスーパー」(以下、イオンネットスーパー)、「楽天西友ネットスーパー」の大手3店をピックアップ。特徴を比較していきたいと思う。


©iStock.com

イトーヨーカドーネットスーパー:配達便が1時間区切りで選びやすい

 イトーヨーカドーネットスーパーの商品数は約30000点で、今回取り上げたネットスーパー3店の中ではもっとも多い取り扱い点数だ。配達対象エリアは19都道府県で、公式ホームページには郵便番号か住所を入力すると担当店舗が調べられるページがあり、便利である。

 最低注文金額が存在せず、330円(税込、以下略)の配送料も、地域と時間帯によっては220円になる仕組みで、価格面での利用のしやすさが特徴的。さらに、交付日から4年以内の母子健康手帳を持っていれば、手帳を提示して登録用紙を記入することで登録日から4年間配達料金が102円になるサービスも行われている。子育て世代にとっては見逃せないポイントだろう。

 支払い方法は代金引換とクレジットカード、nanacoポイントの3種類。代金引換手数料は無料だ。

 配達便は「11:00〜13:00」、「12:00〜14:00」、「13:00〜15:00」、「14:00〜16:00」、「15:00〜17:00」、「16:00〜18:00」、「17:00〜19:00」、「18:00〜20:00」、「19:00〜21:00」の9便で、時間帯によっては注文当日の配送も受け付けている。配達時に不在の場合は、当日中であれば不在連絡票から手続きをすると無料で再配達を受けつけてくれるが、最終便出発後はキャンセル扱いとなるので注意してほしい。

 また感染リスク回避のために配達員と直接顔を合わせたくない場合には、注文時に「非接触お届け」を選択することも可能だ。これは追加の手数料が発生しないので、ぜひ活用したいところだ。置き配サービスも行われているが、西日暮里店でしか対応していないため、対応エリアの拡大を待とう。

イオンネットスーパー:ネットスーパーでは最大規模の配達対象エリア

 15000点以上の商品数を誇るイオンネットスーパー最大の特徴は、配達対象エリア数の多さにある。イオンの店舗がない福井県と、「ネットで楽宅便」というイオン北海道のサービスが展開している北海道を除いた、45都府県への配達に対応しているのである。

 最低注文金額は770円で、配送料は注文金額に関わらず一律に発生するが、狭域エリアの場合は330円、広域エリアの場合は550円と地域によって異なっている。

 支払い方法は代金引換とクレジットカードのほか、一部エリアではイオンが提供している電子マネー「WAON」を使うこともできる。代金引換は店舗によって手数料が異なるため、注文時は要確認だ。

 配達便数は店舗によって異なるが、狭域エリアでは15時までに注文すると最短で当日中に配送される。一方で、広域エリアは当日配送非対応で、朝9時までの注文で最速の配送が翌日となっている。

 狭域エリアと広域エリアの間で配送料と配達時間に大きな差があるが、配達先がどちらのエリアに該当するのかは、イオンスクエアメンバーに登録しなければ確認できない。この点はイオンネットスーパーの無視できないデメリットと言えるだろう。

 不在時は、再配達サービスを実施している店舗であれば、不在連絡票から再配達の手続きが可能。しかし再配達できない場合でも、商品代金と配送料がかかるので要注意だ。

 また狭域エリアではクレジットカードで注文時に希望すると、非対面での商品受け渡しにも対応してくれる。一部地域ではWeb上で申請することで、110円の手数料で「置き楽サービス」という置き配のサービスを利用することもできる。

楽天西友ネットスーパー:一定金額以上まとめ買いすると配送料が無料に

 楽天西友ネットスーパーの商品数は最大で20000点。配達対象エリアは17都道府県と、今回取り上げたネットスーパー3店ではもっとも少ない一方で、ホームページから配達可能エリアの一覧が参照できるため、利用できるかどうかを簡単に確かめることができるのはありがたい。

 配送料は全国一律で330円。最低注文金額は2000円と高めの金額設定だが、東京都世田谷区へ土・日に配送する場合は5500円以上の注文で無料になるといったように、配送料が無料になる金額が設定されている。配達時間によって金額が変化するケースもあるようだが、1週間分まとめて購入するというシチュエーションでは大いに役立つだろう。

 支払い方法は代金引換、クレジットカード、楽天スーパーポイントの3種類。代金引換の手数料は全国一律で330円となっている。

 配達便数は「10:00〜12:00」、「12:00〜14:00」、「14:00〜16:00」、「16:00〜18:00」、「18:00〜20:00」、「20:00〜22:00」まで2時間区切りで6便。注文する時間によっては当日中の配送も可能である。

 配達のタイミングで不在だった場合は、配送日の翌日14時まで再配送手続きが可能だが、再配送には440円の手数料がかかってしまう。また、変更受付期間を過ぎてのキャンセルや、再配送手続きをしなかった場合、再配送時に不在だった場合はキャンセル手数料440円が発生。特に再配送後のキャンセルは再配送手数料と合わせて880円になるため、重々気をつけていただきたい。

 非対面での受け取りにも対応しており、手数料は一切かからない。ただし、置き配サービスは行われていないため、非対面受け取りを希望する場合でも配達時は必ず配達場所にいる必要がある。

イトーヨーカドー、イオン、楽天西友――大手ネットスーパーの現在地

 一見どこも似たサービスに思えるが、今回ご紹介してきたとおり、細かい部分までチェックすると大手3店にそれぞれの特徴があることがわかる。

 そのため、活用の仕方によっておすすめも変わってくるだろう。

 一度に商品をあまり注文しない、ある程度細かく配達時間を指定したいという場合はイトーヨーカドーネットスーパーがおすすめ。

 置き配サービスを使いたいという場合はイオンネットスーパーがおすすめ。

 一度に注文する商品が多くなることが多い場合は楽天西友ネットスーパーがおすすめ。

 一例だが、このようなことが言えそうだ。

 しかし、配達対象エリア数や、エリア内での配送料や配達便数など、サービス内容の差が、いまだ存在しているのがネットスーパーの実情だ。都市部にお住まいであれば非常に便利に活用できるが、それ以外の場合は見極めが重要になってくるだろう。

 2020年6月にアプリの本格運用を開始し、7月に大幅リニューアルを行ったイトーヨーカドーネットスーパーや、対応店舗の増加を図っているイオンネットスーパー、横浜市に物流センターを開設する予定の楽天西友ネットスーパーと、各店まだまだ発展の途上にある。ネットスーパーを利用するのであれば、常にアップデートされる情報をチェックし、どこがより便利になるのか目を光らせておくといいかもしれない。

※本記事は2021年1月20日現在の情報をまとめています

◆イトーヨーカドーネットスーパーの代金引換手数料についての記述に、一部事実誤認がありましたので、修正をいたしました。関係者の方々と読者のみなさまにお詫び申し上げます。(2021.2.01  16:28)

(文=森岡慶四郎〈A4studio〉)

(A4studio)