ノンシリコンってよく聞くけど本当にいいの?ノンシリコンシャンプーとトリートメントを徹底解説

写真拡大

最近は美髪意識が高まり、すっかり『ノンシリコン』の言葉が定着してきていますね

なんとなく髪に良さそう、値段が高い分効果がありそう、シリコンは悪い物らしい・・・

そんな「よく分からないけど髪に良さそう」な『ノンシリコン』について知ることで、【自分にあった美髪ケア】に前進してみませんか?

そもそもシリコンとはどんな物?

シリコンと聞くとゴムのような素材を考える方も多いかと思います。

しかし、シャンプーやトリートメントに使われるシリコン(シリコーン油)は、さらさらとしていて撥水性のある液体です。

熱に強く化学反応の起きにくい特徴があります。

髪や肌に皮膜を作り水をはじくので、ヘアケア製品だけでなくウォータープルーフのリキッドファンデーションやハンドクリーム・日焼け止めなどにも使用されています。

皮膜やコーティングと聞くとピタッとしたラップのように感じますが、実際のシリコンは網目状なので、ちゃんと空気や水分・栄養も通ります。

しかし安全性が高いとはいえ、化学合成成分なので抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。

シリコンがヘアケア製品に使われる理由とは?

シリコンは髪の一番外側にあるキューティクルに吸着して皮膜を作ります。これにより、髪の指通りをよくします。

・髪の摩擦を減らしてキューティクルが剥がれるのを防ぐ
・枝毛や切れ毛を防ぐ
・ツヤを出す
・静電気を防ぐ
・髪を熱から守る

つまり髪をコーティングする事で質感を高め、傷みの予防をしてくれているのです。

しかし髪自体を補修することはできないので、表面をコートして保護するのみです。

なぜシリコンは悪者にされるのか?

「シリコンは毛穴を塞いでしまう」と聞いた事があるかもしれません。

しかし、髪の毛は毎日0.3?0.5mmずつ伸びており、毛穴からは皮脂も分泌されるため、毛穴に入ってしまったシリコンもそれらに押し出されて完全に塞がってしまうとは考えにくいです。

実際には、カラーリング剤やパーマ剤が若干入りにくくなるというのがシリコンのデメリットです。

しかし、ここまでノンシリコンが出回る前から皆さんカラーやパーマを楽しんでいたわけで、取り立てて問題となることではないと思います。

ノンシリコンシャンプーが良いとされている理由は?

ここまでを読むと「シリコンってそんなに悪い物でもないんじゃない?」と思われるかもしれません。

では、何故こんなにノンシリコンシャンプーが良いとされているのでしょうか?

それは、元々シャンプーの役割とは『キューティクルを開いて汚れを洗い落とすもの』だからです。

せっかくキューティクルを開いて汚れを浮き上がらせたのに、シリコンのコーティング作用によって、その汚れまで一緒にコーティングしてしまうのでは汚れは落ちきらないのでは?
ならば汚れを落とすだけならコーティング剤は不要な存在なのでは?、

つまりシャンプーはノンシリコンである方がしっかり汚れが落とせるので良い!

となったのです。

また、環境問題の点からもノンシリコンを支持する声が挙がっています。

シリコンが微生物に分解されない化学合成成分なので、環境問題の点でもエコの意識や自然派・無添加といったものが支持を受ける風潮に変わってきた事がノンシリコン流行の一因ではあると思います。

シャンプーはノンシリコン、ではコンディショナー・トリートメントは?

市販のノンシリコンシャンプーの中には、シャンプーはノンシリコンだけど、セットのコンディショナーにはシリコンが入っている物が少なくありません。

成分表示の中に、『ジメチコン』『シクロメチコン』『シロキラシン』『シリカ』『シリル』『シラン』と書いてあれば、それがシリコンです。

シャンプーはノンシリコンなのにコンディショナーはシリコンが入ってていいの?と思う方が多いと思いますが、コンディショナーやトリートメントの目的は、『シャンプーで開かれたキューティクルを閉じさせて髪をコート(保護)する』ものなので、シリコンが入っていても問題ありません。

シャンプーがノンシリコンになった分、すすぎの後の手触りがキシキシしやすいので(キューティクルが閉じられないので)、質感を落とさない為や髪の保護の為に配合されている場合が多いようです。

また、ダメージヘアに対しては髪の傷みを進行させない為にも、シリコンが入っている方が髪が守られるので良いとも言えます。

シャンプーやコンディショナー以外にも

ヘアケア商品やスタイリング剤にはシリコンが含まれているものが沢山あります。

ヘアパック・洗い流さないトリートメントやヘアワックス、ヘアスプレーにもシリコンが入っています。

現状では、全てのヘアケア商品をノンシリコンの物だけで揃えるというのは大変難しい事です。

無理にノンシリコンにこだわるのではなく、シリコンの働きや必要性を理解することが大切だと思います。

しかし、スタイリング剤などの場合はもともと頭皮に付ける目的の製品ではありませんので、長時間頭皮に付けたままの状態は好ましくありません。

これはシリコンだけの問題ではなく、それ以外の成分であったり、汗をかくことでスタイリング剤に付着した汚れが頭皮にまで付いてしまうからです。

「メイクを落とさずに寝るのは、雑巾3枚を顔に乗せて寝るのと同じ」と聞いた事がある方もいるかと思います。

一日外出すると雑巾3枚分の汚れ(余分な皮脂や塵・ほこりなど)がついてしまうという事です。

頭皮も顔と同じ皮膚です。メイクと同じようにスタイリング剤を使用した時は、その日の内に落とすことをおすすめします。

本当に髪に悪い物とは?

髪に対して良くない(ダメージを与える)物として、ドライヤー等の熱や紫外線・乾燥はよく知られるようになりました。

しかし、肝心のシャンプーに使われる成分にも、髪には良くない物があるのをご存知ですか?

シャンプーの洗浄成分は主に界面活性剤と呼ばれるものです。

そしてシャンプーの良し悪しはこの界面活性剤が左右しています。

成分表示には含まれている量の多い順に表示されているので一度見てみてください。
 
ラウリル硫酸Na ラウリル硫酸カリウム
ラウレス硫酸Na ラウレス硫酸TEA

それぞれ石油系合成界面活性剤のひとつで、アレルギーや湿疹等の皮膚刺激をおこす恐れのある成分です。(旧表示指定成分)

この成分がより多く含まれるほど、頭皮に対しての刺激が強いという事です。

ずっと使っていたシャンプーで突然アレルギーを起こしてしまう事もあります。

また、洗浄力が非常に強いので油分を取りすぎてしまい、頭皮の乾燥の原因となる事もあります。

これらの界面活性剤は安価で大量生産できる為、多くのシャンプー(特に安価な物に配合量も多い)に含まれています。

界面活性剤とは?

何かと悪いイメージで語られる事の多い界面活性剤ですが、実際にはどんな働きをしているのでしょうか?

界面活性剤は本来溶け合わない水と油を溶かす事で、余分な皮脂や汚れを浮き上がらせて落とす大切な役割をしています。

また、消毒作用やシャンプーが泡立つのにも役立っています。

ノンシリコンシャンプーは泡立ちが悪いと言われる事がありますが、使用される界面活性剤の違いから泡立ちに差が出ているためです。(シリコンは泡立ちには関係ありません)

ラウリル系やラウレス系の界面活性剤は肌への刺激が強いと書きましたが、全ての界面活性剤が悪いという事ではありません。

ノンシリコンシャンプーは、洗浄成分にアミノ酸系の界面活性剤を使っている場合が多く、シリコン入りのシャンプーに使われる石油系界面活性剤よりも、髪や頭皮に対して刺激の少ない優しい物になっています。

毎日使うシャンプーの主成分だからこそ、どんな物を使っているかが重要なんです。

では自分にあったシャンプーとは?

上記のようにノンシリコンシャンプーに使われる洗浄成分は、低刺激な場合が多いです。

なので、敏感肌の方や頭皮の乾燥が気になる方にはノンシリコンのシャンプーがおすすめです。

また、髪が細くボリュームを出したい方はコンディショナーも含めてノンシリコンを使うのが良いです。

それはシリコンの作用により、髪をまとまらせてペッタリとしてしまうのを防ぐためとなります。

逆に髪が広がりやすく、それを抑えたい方やダメージの強い髪の場合は、コンディショナーなどにシリコンが入っている物を選べば、まとまりが出て髪の傷みを予防することができます。

フケやかゆみがある方の場合は、それを抑える成分の入った専用シャンプーがあるのでそちらがおすすめです。

ジンクピリチオンやオクトピロックスといった成分がフケやかゆみを抑える成分となっています。

ダメージヘアとケア

カラーリングやパーマなどを楽しんでいる方も多いかと思います。

また、ヘアアイロンを毎日使うという方も沢山いらっしゃるでしょう。

ブリーチやパーマを繰り返したり、毎日高温の熱を当てる事により、パサつきや切れ毛・枝毛、最終的にはゴムのように伸びてヘロヘロになってしまいます。

しかしカラーや巻き髪などおしゃれを制限するのは難しいし、つまらないでしょう。

一度傷んだ髪は自己修復することはありませんので、生え変わるか、切ってしまう以外に根本的な解決法はありません。

その為、シリコンで保護をしてダメージの進行を予防するのが対処療法となります。

ノンシリコンにこだわってダメージを進行させてしまうよりも、良質なシリコンが適量配合された物を選ぶのが良いと思います。

やはり安価な物にはそれなりの原料が使われています。

美容室などで販売されているようなシャンプーは、一般のドラッグストアなどで販売される物よりも高価ですが、良質な水溶性シリコンが使われているので価格も上がっているのです。

まとめ

シャンプーを始めとして沢山のヘアケア商品が出回り、サロン専用品が手に入る機会も増えてきていますが、ブランドや値段や流行だけでなく『自分の髪質や肌(頭皮)にあっているのか?』を見直す事が美髪への第一歩だと思います。

まとめとして、

・シリコン入りにもノンシリコンにもメリット・デメリットがある
・シリコンは毛穴を塞いでしまうことはない
・シリコンは髪のダメージを防ぐ為に使われる
・ヘアケア製品やスタイリング剤にもシリコンが入っている物が多い
・ノンシリコンオンリーにする事でかえって髪にダメージを与えてしまうことがある
・ラウリル系・ラウレス系界面活性剤よりもアミノ酸系界面活性剤の方が頭皮への負担が少ない
・髪質や肌に合わせてノンシリコン製品を取り入れるのがおすすめ

美容室に行った際に自分の髪質や頭皮の状態について聞いてみるのもいいと思います。

意外と皆さん思い込みがあるものです。

毎日何人もの髪を見て触っている美容師だから分かることもあります。

毎日使う物だからこそ、色々な製品を試して自分に合うものを見つけてください。

自分の髪や頭皮の状態に合わせてしっかり選んで使うことが美髪への近道です。