ラウールが仕掛ける胸キュンシーン満載の特報 (C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会
(C)村田真優/集英社

写真拡大

 人気アイドルグループ「Snow Man」のラウールが映画単独初主演を務め、吉川愛と共演する「ハニーレモンソーダ」の特報(https://youtu.be/jnIA6X89Jao)がお披露目され、公開日が7月9日に決定。あわせて堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美が出演することもわかった。

 本作は、累計発行部数500万部を突破し、雑誌「セブンティーン」(2020年9月号)で“読者が選ぶ好きな少女マンガ&実写化してほしいマンガランキング”第1位を獲得した、「りぼん」連載中の人気コミック(作:村田真優氏)を実写映画化するもの。レモン色の髪をした三浦界(ラウール)と、内気なヒロイン・石森羽花(吉川)の恋模様を描く。

 中学時代、“石”と呼ばれていじめられていた羽花は、自分を変えるために自由な校風の高校に入学する。そこで出会った自由奔放で人気者の界は、塩対応で何を考えているかわからないが、なぜか自ら“石森係”を名乗り、羽花の世話を焼いてくれる。羽花はそんな界に惹かれていき、界もまた、ひたむきな羽花に初めての感情が芽生える。ふたりの距離は徐々に縮まっていくが、界にはある秘密があった。

 界と羽花の同級生役には、旬の若手キャスト陣が集結。ドラマ「危険なビーナス」に出演し、「ライアー×ライアー」が控える堀田は、界の元彼女である美少女・菅野芹奈を演じる。界の良き理解者であり、ミステリアスな雰囲気の高嶺友哉役に、ドラマ「花のち晴れ 花男 Next Season」で知られ、「ブレイブ 群青戦記」が待機する濱田。「弱虫ペダル」「スパイの妻 劇場版」の坂東が少年のようなキャラクターであり、皆の盛り上げ役・瀬戸悟、女性ファッション誌「non-no」の専属モデルとして活躍し、「映画 賭ケグルイ」でも知られる岡本が、明るく活発で、羽花の親友になる遠藤あゆみに扮した。

 特報は、界が絡んできた不良たちにレモンソーダをかけようとするが、羽花にかかってしまうという出会いの場面でスタート。吉川のナレーションとポップな音楽にのせ、羽花の日常が界によって、鮮やかに色づいていくさまが映し出される。界が唇に指を当てる“ないしょポーズ”や、羽花の頭にぽんと手をのせるシーンなど、胸キュンポイントも満載。はじけるような恋の予感に満ちた、爽やかな映像に仕上がった。

 「ハニーレモンソーダ」は、7月9日に全国で公開。キャストのコメントは以下の通り。

【堀田真由】
出口のない日々に手を差し伸べてくれたあの人。強くなるために泣いたあの日。私も過去の記憶を辿ると自分ではない誰かのために紡いだ日常がありました。以前から読ませて頂いていた「ハニーレモンソーダ」が実写化するにあたり心躍る作品にお声がけをして頂けたこととても光栄に思います。しっかりと責任を感じながらも同世代の皆様と青い夏を過ごさせていただきました。切なくも優しい未完成な私達の物語がこの夏公開されます。是非お楽しみに!

【濱田龍臣】
今回、「ハニーレモンソーダ」に高嶺友哉役で出演させて頂くということで、自分は恋愛系の作品に出演させて頂くのはまだあまり機会がなかったのもあり、とても楽しい撮影でした。原作を読んでから撮影に望みましたが、友哉は掴みどころがない、雲のような感じだなと思ったので、そんな中にもカッコ良さが見えるといいなと思っています。

【坂東龍汰】
原作を読ませていただき、とにかくキュンキュンしました。僕の学生時代にこんなキュンな出来事はどこにもなかったので、「ハニーレモンソーダ」の世界観に少しでも近づけられるようキャストの皆さんと精一杯頑張りました。僕が演じさせていただく悟という役は友達想いで、とても明るく周りを盛り上げるムードメーカーです。同世代のキャストの方々と元気に撮影させて頂きましたので、楽しみにしていて下さい!

【岡本夏美】
「ハニーレモンソーダ」は、おもいっきり遊んで、思いっきり恋をする。そんな、みずみずしくて爽やかな青春が、宝物の様に輝くことを教えてくれました。昨今の状況から、様々な事に我慢を強いられる中、こうして映画をお届け出来る喜びを噛み締めています。そして、皆さんにも存分にハニレモの世界を楽しんでいただけたら嬉しいです! しゅわっと胸キュンして下さい!