全国にスターバックスを展開する、スターバックス コーヒー ジャパンは、2021年1月27日から全国の約1,500店舗で「PayPay」のコード支払いに対応すると発表しました。また、同日から、全国約1,400店舗で「LINE Pay」のコード支払いにも対応します。

同日1月27日からは、期間限定の商品も登場

スターバックスでは、2021年1月27日から、期間限定商品として「チョコレート オン ザ チョコレート フラペチーノ」が発売開始されます。店舗での混雑も予想されますが、同じ日、1月27日からはPayPayとLINE Payが対応することや、先日から、Suicaなどの交通系ICカードに対応していることから、スムーズな会計が期待されます。
 
なお、スターバックスでは、以前よりクレジットカードでの支払いに対応していますが、一部店舗を除き、Apple Payには対応していません。

全国約1,500店舗で「PayPay」に対応

1月27日よりPayPayに対応するのは、全国のスターバックスおよそ1,500店舗です。決済方法は、「PayPay」アプリに表示されたバーコードを店員が読み取る「ストアスキャン」方式です。詳しくは、こちらのページをご覧ください。
 
PayPayで支払いを行った場合は、スターバックスのロイヤルティプログラム「Starbucks Rewards」の「Star」を集めることはできません。
 

LINE スターバックス カードでの支払いに加え、コード支払いにも対応

1月27日よりLINE Payに対応するのは、全国のスターバックスおよそ1,400店舗です。スターバックスでは2019年4月から「LINE スターバックス カード」の提供を開始しており、「LINE」アプリ内のバーチャルカードを「スターバックス カード」と同様に使うことができます。
 
これに加えて、2018年末に東京都内と福岡市内の一部店舗でテスト運用を行っていたLINE Payのコード支払いが、今回、全国に拡大されることになりました。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

 

 
 
Source:スターバックス コーヒー ジャパン(1), (2)
Photo:スターバックス コーヒー ジャパン
(藤田尚眞)