鉛筆やノートをもらい「市に助けられた」柳川市に100万円を寄付

ざっくり言うと

  • 福岡県柳川市の工務店経営者が25日、市に100万円を寄付した
  • 幼い頃に「鉛筆やノートなどの教材をいただくなど、市に助けられた」と説明
  • 寄付金を生活困窮世帯の子どもたちの教育支援に充ててほしいとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x