今年新設されたG1レース、牝馬限定ヴィクトリアマイル(14日・東京11R 芝1600メートル 18頭立て)は2番人気のダンスインザムード(北村宏司騎乗)が優勝し、1着賞金9000万円を獲得した。北村宏司騎手はデビュー8年目でG1レース初勝利を掴んだ。

 レース途中は中盤に位置したダンスインザムード。直線に向いてからは内を追い出していった。ゴール前、後方から伸びてきた2着エアメサイア(武豊騎乗)を1.1/4馬身差で抑えきり、記念すべき初代女王の栄冠に輝いた。
 
 これまダンスインザムードと北村宏司騎手は3回コンビ(いずれも昨年レース、府中牝馬S8着、天皇賞・秋3着、マイルCS4着)を組んできた。「能力は高い馬だが、あと1歩のところばかりだった。プレッシャーもあったが今日は何としても勝ちたかった」と強い気持ちで臨み、昨年のスランプから脱出した。

◇払戻金
・単勝(1)390円
・複勝(1)150円、(13)230円、(18)170円
・枠連(1)−(8)760円
・馬連(1)−(18)1000円
・馬単(1)−(18)1860円
・3連複(1)−(13)−(18)2770円
・3連単(1)−(18)−(13)11650円
・ワイド(1)−(13)500円、(1)−(18)410円、(13)−(18)740円


◇関連リンク

東京11R「ヴィクトリアマイル」払戻金・競走成績 −livedoor スポーツ 競馬


◇結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のデータと照合し確認してください