殺人罪の被告、生後11カ月の長女に数十錠の鎮痛剤 後戻りできず殺害決意?

ざっくり言うと

  • 生後11カ月の長女を自宅で殺害したとして殺人罪に問われた被告
  • 25日の初公判で、長女に数十錠の鎮痛剤を与えたとされる件について問われた
  • 検察側は、「もう後戻りできない」などと考えて殺害を決意したと指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x