人生を再出発するため地方の医学部に再入学する東大卒業生は今後増えていくという(写真はイメージ)

写真拡大

 日本の知の最高峰とされる東大。その卒業生ともなれば、大きな挫折もなく順風満帆な人生を歩んでいる、そう思う人は多いだろう。しかし、誰もが羨む肩書きを持つがゆえ、最初の就職先を誤ると大きな方向転換を迫られることもある。『東大なんか入らなきゃよかった 誰も教えてくれなかった不都合な話』(飛鳥新社)の著者で、自身も東大出身のライター・池田渓さんがリポートする。

 * * *
 東大卒という学歴は、時として人のコンプレックスを意図せず刺激する。同窓生が少ない地方に東大卒の肩書きを引っ提げて就職すれば、激しい逆学歴差別やイジメを受けることもある。東大文学部を卒業後、地元である関西の市役所職員として働き始めたY氏(男性、就職当時25才、現在33才)もその洗礼を受けた一人だ。

 公務員になろうとする東大生の多くは、学生のうちに国家公務員総合職(旧・国家公務員I種試験)や国家公務員一般職試験(旧・脅錙砲鬟リアして、卒業後は中央官庁に入る。東大卒のY氏のように地元に帰って市役所職員になるケースは珍しいが、ちょうど進路を選択する時期に地元の親御さんが大病を患ったため、大学院への進学を諦めてなるべく近くにいてあげることにしたのだという。

 Y氏の「東大卒」というキャラクターを標的にした職場の先輩たちのイジメは、勤務初日から意図的な“ネグレクト”の形で始まった。鳴り物入りで入ってきた東大卒の新人が自分たちの立場を脅かすようになる前に、職場内での「格付け」を終えておきたかったようだ。

「ぼくが東大卒でなければ、あそこまでつらい目には遭わなかったはずです」(Y氏、以下同)

 それまで「高学歴」とされる人間のいなかった職場に、東大卒という「異物」が混入したことで起きたイジメ。筆者が彼に直接会ってインタビューをしたときには既にイジメから何年も経っていたはずだが、当時のことを話し始めるとY氏は顔を大きく歪めた。彼にとって余程つらい記憶のようだった。

 その残酷なイジメの詳細については拙著に譲るが、Y氏は1年半ほど働いた後、市役所を退職した。辞める直前には、ストレスから胃に潰瘍ができ、激しい腰痛でまともに動けなくなっていたという。ひどいときは排便も困難で、そんなときは親御さんに補助してもらうこともあった。病気の親御さんの近くにいてあげるための地元での就職だったのに、逆に親御さんに介護されていたのでは本末転倒だ。

「医師になれば人並み以上に食べていける」

 市役所を退職したY氏は、4か月ほどの受験勉強を経て、実家から通える場所にある国立大学の医学部に再入学した。

「最初の就職に失敗したので、東大卒の経歴も職歴もリセットすることにしました。同世代より出遅れてしまいましたから、法律関係か医療関係の資格を取って人生を巻き返そうと思って。弁護士は東大法学部卒の友人から資格保持者の急増で努力に見合わなくなってきていると聞いたので、医療関係の資格を取ることにしました」

 簡単に「医学部への再入学」と口にしたY氏だが、実際、一度は東大に入った人間にとって、医学部に再入学するための受験勉強のハードルは、大学を選ばなければそれほど高くはない。国立大学でも、地方であれば東大の理科一類より偏差値が低いところはあるし、散々受験のテクニックを磨き、大抵の入試問題で出題者の意図まで見透かせるようになっている元東大生にとって、医学部の入学試験をパスすることはそれほど難しいことではないのだ。

 東大入試の試験科目数の多さもアドバンテージとなる。東大の二次試験では、文系なら国語、地理・歴史(世界史B、日本史B、地理Bから2科目)、数学、外国語の試験が課される。また、理系なら、国語、数学、理科(物理、科学、生物、地学から2科目)、外国語だ。センター試験でも、文系は5教科8科目(または6教科8科目)、理系で5教科7科目が必須となっている。文系でも理科から2科目、理系でも地理・歴史・公民から1科目を受験しなくてはいけない。センター試験が共通テストに変わっても、この方針は踏襲されている。受験にこれだけの科目が必要となる大学は東大の他にはそうない。

 医学部の受験には一般的に理科2科目が必要になるが、東大の理類に入った人間なら既に理科2科目は押さえてあるし、文類に入った人間もセンター試験(共通テスト)レベルの理科までならフォローできている。入学後に受験スキルをよっぽど錆び付かせていなければ、入りたい大学の赤本(過去問)を中心とする訓練で試験対策は済んでしまうのだ。

 現にY氏は、志望校の過去問を10年分ほどやって出題傾向を確認したくらいで、特に受験対策に根を詰めることもなかったそうだ。基本的に勉強をしていれば心が落ち着いたようで、再び受験生となった日々は、市役所で働いていたときよりもずっと気が楽だったという。

「もはや東大卒の学歴など必要としませんから、ぼくにとって問題となるのは再入学する大学の授業料だけでした。授業料の安い国立大学であれば良くて、無理に東大や京大などの難関国立医大を受ける意味もありません。学歴も職歴もリセットすることになりますが、全国で医師不足が叫ばれていますし、医師になれば人並み以上には食べていけます」

地方医学部に存在する「東大卒業生派閥」

 Y氏が医学部への入学を果たした後、キャリアの積み上げに失敗した東大の同級生たちが、「あいつが合格するなら自分も入れるだろう」と考えて、続々と彼の入学した大学の医学部に進学してきたそうだ。

「大学の中に、期せずして同窓会というか、東大卒業生派閥のようなものができました。お世話になっていた研究室の教授からは『うちは君たちが人生を再出発するためにやたらと便利に使うような場所じゃないんだぞ』と言われていたほどです」

 その教授が言うように、実際、地方大学の医学部は、キャリアの積み上げに失敗した東大卒業生の「人生再生工場」なのだろう。今や新卒一括採用、年功序列、終身雇用といった日本的雇用慣行は崩れつつあり、これまでのように難関大学を卒業してそれなりの職場に入り込めば人生安泰という時代ではなくなった。転職のハードルは下がり、その機会は増えている。人生の再生を望んで医学部に再入学する東大卒業生は今後ますます増えていくはずだ。

 ちなみに、ここまでの話は3年ほど前、まだ医大生だった彼に行ったインタビューを元にして書いたものだ。医学部での6年間の学びを終え、Y氏は今、大学病院で研修医をしている。筆者はこの記事を書く直前に電話で彼に近況を訊いた。社会が未曽有のコロナ禍にある中、その最前線となっている病院で研修医として働く日々について、「肉体的にも精神的にもハードだが、とても充実している」とY氏は語り、次のようにも話してくれた。

「小児病棟を担当していたときに子どもたちが亡くなっていくのを見て、何とかしてあげたいと心の底から思いました。将来は小児科医になるつもりです」

 東大からの就職に失敗し、医師になる動機を「人並み以上に食べていくため」と語っていた彼であったが、地方の医学部での教育を通じて一人前の医師になりつつあることを筆者は嬉しく思う。

【池田渓】
1982年兵庫県生まれ。東京大学農学部卒、同大学院農学生命科学研究科修士課程修了、博士課程中退。フリーランスの書籍ライター。共同事務所「スタジオ大四畳半」在籍。近著に『東大なんか入らなきゃよかった 誰も教えてくれなかった不都合な話』(飛鳥新社)がある。