そんなのアリ?オンラインだけで【恋愛って成立】するの?

写真拡大

マッチングアプリ、オンライン飲み会……新型コロナウイルスの影響により注目度急上昇中のオンライン恋活(婚活)。最近ではさらに進んで、オンライン上だけでカップルになり、パートナーになるというパターンも増えているようです。

「オンラインだけで恋愛なんて……」、「オンラインで恋ができるなんてステキ!」。さて、あなたはどっちでしょうか?

■オンライン恋活はどこまで広がっている?

「マクロミル社」が行ったとあるアンケート調査によると、日本国内の男女のうち、47%がマッチングアプリなど、オンライン恋活ツールを利用したことがあるとこたえています。

さらに、「過去に登録していた時期がある」と合わせると、およそ8割以上の男女が何らかのオンライン恋活を利用しているという結果となり、日本国内だけを見てもオンライン恋活(婚活)がかなり浸透していることがわかります。

マッチングアプリの利用経験がある男女のうち、約10%がそのまま結婚へと至っています。

言い換えれば、9割ほどのユーザーが結婚以外の目的でアプリを利用していると見ることもでき、特に、ソーシャルディスタンスがさけばれている今の時代には、「オンライン上だけの気軽な出逢いがほしい」というニーズが高まっているようです。

■体験者に聞く!オンライン恋愛のメリット・デメリット

オンライン上だけの出逢いが当たり前になりつつある時代。「オンライン上だけの出逢い」には、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

■トラブルのリスクがない

オンライン恋活は基本的に「リアルに会うこと」を前提にしているため、ふたりきりで逢う場合にはそれなりのリスクがつきまといます。

現に、一部のマッチングアプリでは男性とのデートトラブルが報告されており、深刻な事件にもつながっています。

オンライン上だけの出逢いであればそうしたリスクが一切なく、話したい時にいつでも話せるので、距離感を縮めるのも早いかもしれません。

■やっぱり会いたい

「オンラインだけじゃやっぱり満足できない!」という声もあります。はじめは「オンラインだけで充分」と思っていても、お互いに気持ちが通じ合ううちに「好き」という気持ちがだんだんに強くなっていき、会いたくて仕方なくなるかもしれません。

きっかけはオンラインだったとしても、最後にはやっぱり会いたい、声を聞きたいと思うのが恋愛、ということなのでしょうか。

■まとめ

オンライン上だけの出逢いならデートトラブルのリスクもなく、寂しさを紛らわせることもできるでしょう。

オンラインで相手のことを充分に知ってからリアルでデートする……というパターンもおすすめで、オンラインも出逢いのひとつ、という風に柔軟に考えておくと恋のチャンスが広がるかもしれません。
(ハウコレ編集部)