iPhoneHacksが、新型iPhoneの名称は「iPhone13」ではなく、「iPhone12s」になるだろうと伝えています。

リーカーが示唆

iPhone12の後継モデルとなる2021年モデルのiPhoneの名称は、iPhone13ではなくiPhone12sになるとの予想が複数ソースで伝えられています。
 
リーカーのジョン・プロッサー氏が、「13」という数字には良い印象がない(忌み数)であることから、iPhone12sになる可能性があることを自身のYouTubeチャンネル、FRONT PAGE TECHで予想しました。
 
また、AppleTrackのサム・コール氏(@iup_date)とのTwitterでのやり取りでも、「2021年モデルのiPhoneはiPhone12sと呼ばれる、iPhone13ではない」との意見に同意していると、iPhoneHacksが指摘しています。
 


 
コール氏はそう考える理由として、歴代iPhoneにおいて、新デザインに変わった後の最初のモデル名が「s」モデルになった点をあげています。
 

Apple社内では「s」モデルと呼ばれている?

iPhoneHacksは、Apple社内では新型iPhoneが「s」アップグレードと呼ばれているとBloombergが伝えたのも、その理由の1つとしています。
 
iPhoneHacksは取り上げていませんが、ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)の最高経営責任者(CEO)ロス・ヤング氏も、新型iPhoneのモデル名を「iPhone12s Pro」「iPhone12s Pro Max」と記していました。
 
 
Source:iPhoneHacks
(FT729)