追突事故起こすもそのまま逃走 ナンバーで犯人特定 逮捕の69歳「運転していない」

北海道・室蘭警察署は24日、登別市片倉町1丁目に住む無職の男(69)を当て逃げの疑いで逮捕しました。

男は24日午前9時50分ごろ、登別市富士町5丁目の道道で軽乗用車を運転中、信号待ちをしていた男性(70)が乗る乗用車に追突する事故を起こしたにもかかわらず、その場から立ち去った疑いが持たれています。

警察によりますと、男は事故後一度車から降りましたが、その後車に戻り逃走したとみられていて、被害者の男性が車のナンバーを覚えていたことから、逮捕に至ったということです。

男は調べに対し「自分は運転していない」と容疑を否認していて、警察が引き続き詳しく調べています。

1/25(月)「STVニュース」1/25(月)10:21更新