穏やかな週明けから一転、週末は冬の嵐に警戒

2021/01/24 17:20 ウェザーニュース

週明けの明日25日(月)は全国的に晴れる所が多く、穏やかなスタートとなります。ただ、穏やかな天気は続かず、低気圧が短い周期で通過する見込みです。特に週末は低気圧が急発達し、冬の嵐に警戒が必要です。

低気圧が急発達し、強い寒気が南下

29日(金)は低気圧が日本海で急速に発達しながら北日本に近づきます。低気圧の周辺は等圧線の間隔が非常に狭くなり、強い風が吹き荒れる予想です。低気圧の後面には非常に強い寒気が流れ込み、大雪の目安となる上空1500mで−12℃以下のラインは瀬戸内海付近まで南下する予想となっています。山陰や近畿北部など西日本の日本海側でもまとまった雪になる見込みです。北日本は30日(土)にかけて低気圧が通過し、冬型の気圧配置が強まるため、雪、風がともに強まって猛吹雪となるおそれがあります。

荒天への対策はできるだけ早めに

1週間近く先ではあるものの、現段階で様々なコンピューターシミュレーションの結果が低気圧の急発達を予想しており、冬の嵐に見舞われる可能性は高いと見ています。日本海側の広い範囲で大雪となり、暴風や猛吹雪によって移動が難しい時間帯が出てくる見込みです。特に週末に予定がある場合は、荒天を考慮した上で、早めの変更や対策などをしておくと良さそうです。また、全国的に真冬の寒さが戻ってきます。ここ最近は寒さの和らいでいる日が増えていますので、体調管理もしっかりと行ってください。